ギリシア版「忠犬ハチ公」!亡くなった主人を事故現場で待つ犬に人々が涙

感動

1年半の間、交通事故で亡くなった主人を現場で待ち続ける犬がいます。「まるで忠犬ハチ公のようだ」と人々の涙を誘っています。

感動を呼んだ「忠犬ハチ公」

「忠犬ハチ公」の映画は、多くの人々の涙を誘いました。東京の渋谷駅で、亡くなった主人を9年間毎日待ち続けた秋田犬の実話です。ハチ公は忠義の象徴です。本や映画や銅像にもなり、世界中にその存在が知られています。人間と犬との美しい絆は人々の感動を呼びました。

出典:https://www.boredpanda.com/greek-hachiko-loyal-dog-waiting-for-dead-owner/

その94年後、ギリシアでも忠犬が現れたのです。18ヵ月前に飼い主が悲劇的に亡くなったあと、彼の愛犬が事故現場から離れようとしなくなったというのです。

くわしくご紹介しましょう。この犬は忠実な愛とはどんなものかを、わたしたちに教えてくれます。でも涙をふくナプキンをご用意くださいね。

出典:https://www.boredpanda.com/greek-hachiko-loyal-dog-waiting-for-dead-owner/

地元の「ナフパクティア・ニュース」によると、ハリスさん(40歳)は2017年11月9日にセメント・ミキサー車に轢かれて亡くなりました。そこはエビノス川へ続くオールド・リング・ロードの路上でした。その数年前にも彼の兄が同様の事故で亡くなっており、このニュースは地元の人々にショックを与えました。

彼の愛犬がどうやって事故現場を突き止めたのかはわかりません。自宅から12キロも離れた場所なのですから。でも犬は決してその場所から離れようとしませんでした。1年半の間、ずっとここにいたままです。地元の人々が犬を連れだして新しい飼い主へ引き渡そうとしても、断固としてこの場所へ戻ってきてしまうのです。

いつまでも飼い主を待つ犬

出典:https://www.boredpanda.com/greek-hachiko-loyal-dog-waiting-for-dead-owner/

犬の忠実さに心を打たれた人々は連れ出すのをあきらめ、道ばたに雨露しのぎの粗末な犬小屋を建ててあげました。その横には飼い主を祭る小さな祠も作りました。そして定期的に餌と水を運んであげたのです。

出典:https://www.boredpanda.com/greek-hachiko-loyal-dog-waiting-for-dead-owner/

犬はいつも遠くを見ながら飼い主が戻るのを待っているようすです。やがて犬は「ギリシア版ハチ公」と呼ばれるようになりました。

こした実話は、いかに犬が飼い主に忠実で愛情深いかを示していますね。去年もブラジルで、救急車で運ばれた飼い主を追っていった犬が、彼が亡くなったあとも病院の入り口で何ヵ月も待ち続けた、という話がありました。

犬はまさに人間の最良の友です。わたしたち人間は、こんなすばらしい犬に愛情をたっぷり注いでお返ししなければ、ばちが当たりますね。

出典:https://www.boredpanda.com/greek-hachiko-loyal-dog-waiting-for-dead-owner/

こんな記事も読まれています


『助けてください』メモと共にベンチに放置された子犬のビフォーアフターに涙


数ヶ月間放置されて【餓死寸前】だった犬、奇跡の回復を果たす


「ママがあなたを守るからね!」子猫の成長に感動!ママ猫と生まれたばかりの6匹の子猫が拾われる

Comment