生きるのは難しいと言われた子猫。里親の諦めない心が奇跡を起こす

感動

シェルターに収容されたときから、生き抜くことは難しいと言われた子猫。里親になった女性は決して諦めることはなく、子猫に奇跡を起こしました。

子猫の状態は悪く誰もが諦めていた命

出典:https://www.facebook.com

シェルターに収容された子猫ですが、生き抜くことは難しいと誰もが諦めていました。

子猫は食事をとることもできず、小さな体は一層弱々しくなっていました。

子猫の右足にはつま先が2つあり、明らかに奇形であることも…。

出典:https://www.facebook.com

里親となったジャスティナ・ストルミライテさんは、子猫を家族として迎え『ブラウニー』と名付けます。

「この子猫は生き抜くことは難しいかもしれない」そう言われており、実際にブラウニーはなかなか食事をとることができず、深刻な状況が続いていました。

しかし、ジャスティナさんは諦めることなく、必ず乗り越えられると確信!賢明なケアを行います。

ジャスティナさんはブラウニーにできる限り寄り添い、精一杯の愛情を注ぎます。

ブラウニーに必要な栄養やケアなどはもちろん、諦めない心でブラウニーに真摯に向き合いました。

出典:https://www.facebook.com

ブラウニーにとって、一番の課題は食べることです。

食事のとれないブラウニーが1年以上生きることは難しい…。そう誰もが諦めていても、ジャスティナさんだけはブラウニーの生きる力を信じて、諦めることはありませんでした。

そしてとうとう…ブラウニーは食事をとることができるまでに!

愛が奇跡を呼び込む

出典:https://www.facebook.com

食事がとれるようになったブラウニー。食べられるようになると、小さな体がみるみる成長して、立派な姿に変貌を遂げたのです。

こちらは、ブラウニーが3歳になったときの写真、小さく弱々しかった面影は一切ありません。

誰もが諦めていた命。実際に、ジャスティナさんの献身的なお世話と愛情がなければ生き抜くことはできなかったでしょう。

※この記事及び写真の投稿は、ジャスティナさんの許可を頂いて行っております。

こんな記事も読まれています


車に轢かれそうになっていた子猫を保護したところ…まさかの展開に驚愕!!


車に轢かれて重体となった犬。下半身切断もありえる状況に獣医が下した決断は!?


雪が大好きな”末期ガン”の愛犬のために、庭に雪山を作って「最後のお別れ」を果たす

Comment