『下半身マヒ』になった猫のレキシーは障がいなんてへっちゃら!愛情深い飼い主さんと毎日を満喫中

感動

事故で後ろ足がマヒした猫レキシ―。でも愛情ゆたかな飼い主と活動的な毎日を過ごして、幸せを満喫しています。障がいがあっても幸せな生活には問題がないことを、レキシ―はわたしたちに教えてくれます。

大ケガで後ろ足がマヒ

この猫の2本の後ろ足はマヒしていますが、車いすを活用して何でもできるのです!
こちらが猫のレキシ―です。

出典:https://www.lovemeow.com/cat-makes-do-with-two-and-loves-his-life-to-the-fullest-1932388161.html

レキシ―は毎日を100%満喫して幸せに暮らしている、特別な猫なのです。

子猫のときに大ケガをして後ろ足がマヒしてしまいました。でも家族のケアと愛情をたっぷり受けて、レキシ―の生活はごく普通に戻りました。いまやほかの猫にできて、この子にできないことなんてありません。

「2本足で生活するのにすっかり慣れました。後ろ足が使えなくても、何も困ったようすはありません。ほかの猫と同じように走ったり、よじ登ったり遊んだりしています」というのは、飼い主のダリア・ミニーヴァさんです。

出典:https://www.lovemeow.com/cat-makes-do-with-two-and-loves-his-life-to-the-fullest-1932388161.html

レキシ―はまるで小さな人間のような姿勢で座ります。満足気で幸せそうですね。

この猫の賢さには、本当に驚かされます。熟達した技で昆虫を捕まえ、紙を丸めてつくったボールを投げると驚異の技でジャンプして遊ぶのですから。

遊んでいないときは、窓から鳥を眺めていたり、お気に入りのカーペットでのんびりしていたりします。

ダリアさんはレキシ―に運動療法を施して回復を助けてきました。以来レキシ―は毎日を最大限に楽しんでいるようです。

「人間のそばで『フミフミ』したり抱かれたりするのが大好きです」とダリアさんはいいます。

「車いす」でより活動的に

出典:https://www.lovemeow.com/cat-makes-do-with-two-and-loves-his-life-to-the-fullest-1932388161.html

レキシ―がもっと自由に走ったり歩いたりできるよう、ダリアさんは車いすを用意しました。このおかげで、レキシ―の活動範囲は飛躍的に広がりました。野原に走って行ったり人間ママさんと散歩したりしています。

いくら遊んでも、飽きることはありません。レキシ―には自分の障がいなど問題にならないのです。いまや車いすのおかげで、スーパーマンのような気分です。できないことなんて、ないのですから。

出典:https://www.lovemeow.com/cat-makes-do-with-two-and-loves-his-life-to-the-fullest-1932388161.html

レキシ―は毎日ダリアさんの耳元でゴロゴロいったり抱かれたりしながら、彼女に「大好き」という気持ちを伝えています。

「(この子と一緒だと)人生は常に完璧とはいえないけれど、ものすごく美しいものだと確信します」とダリアさん。

レキシ―の例は「適切な機会があたえられれば、障がいがあっても幸せで充実した時間を持ち続けられる」と示しています。すばらしく前向きな猫ですね。

出典:https://www.lovemeow.com/cat-makes-do-with-two-and-loves-his-life-to-the-fullest-1932388161.html

こんな記事も読まれています


残酷すぎる…『爆弾入りの餌』を食べて苦しむシロクマの映像に非難の嵐


なんと”700匹”もの猫がネグレクト…わが子の暮らしていた環境に涙する里親さん


用済みになって捨てられたラブラドールレトリバー。新たな人生を踏み出す姿に安堵

Comment