広い空き地に捨てられた犬の一家を発見。噛み付かれても保護を諦めない!

感動

ある日、保護団体『Hope for Paws』に「空き地に犬の一家が捨てられている」との通報が入りました。保護しようとするも、子犬たちの抵抗は強く、保護には数時間を要する非常に困難な活動に…!

空き地に捨てられた小型犬一家を発見・保護

ロスアンジェルスで活動している保護団体『Hope for Paws』の元に、1本の通報が入りました。広い空き地に犬の親子が捨てられているという通報を受けて、早速メンバーは現地へ急ぎます。

出典:https://youtu.be/kUGcaUz-G58

現地に到着すると、藪の中にいる母犬と思われる犬を発見。彼女はじっと動かず保護を受け入れました。お母さん犬は「リンダ」と名付けられました!

意外とすんなりいけるかも?そう思いきや、周囲で母犬の子犬たちがしきりに吠えています。これは子犬たちの方が難しそうです…

続いて子犬たちも保護しようと活動を再開しますが、とにかく敵意むき出しの鳴き声が藪の中から一斉に聞こえています。母犬のようにはすんなり保護されてくれなさそうですね。

出典:https://youtu.be/kUGcaUz-G58

お母さん犬を連れて行っても人間に対して恐怖心を抱いているらしく、全く近寄ってきてくれない子犬たち。ついには藪の中に戻って行ってしまいました。

しかし、その後、藪の中に1匹の子犬を発見。女性スタッフが意を決して保護に取り掛かります。すると、なんと恐怖からか女性スタッフに噛み付いてしまった子犬!しかし、ここで諦めるわけにはいかないと、そのまま保護活動を続ける女性スタッフ…なんて強い人なのでしょう。

その後、女性スタッフが捕まえた子犬は女性スタッフに抱かれるようにして保護されました。女性スタッフの手からは血が流れ出ています…痛そう…。

一度抱っこされてしまえば、もう大人しく降参状態。この子の名前は「ステラ」と名付けられました!しかし、まだまだ保護は終わっていません。

出典:https://youtu.be/kUGcaUz-G58

最後の1匹はどこにいるのか、あたりを急ぎ足で探し回るスタッフたち。すると、先ほどステラが逃げていた場所にいることがわかりました。

人間だけでは出てこないことを察したスタッフは、もう一度、お母さん犬にお手伝いをお願いすることに。

女性スタッフ・ロレータさんがお母さん犬を連れて、お母さんを可愛がっているところを見せて警戒を解こうというものです。そしてお母さん犬を地面に下ろし、リードを装着した状態で、子犬をなだめてもらいます。

この作戦が功を奏したのか、子犬は」少し落ち着きを取り戻し、ロレータさんが近づき触れても逃げることなくじっとしています。

このタイミングを逃さず、そのまま子犬を保護!ようやく最後の1匹「ファラベラ」を保護することができ、これにて保護活動は終了…と思いきや、突然暴れ始めたファラベラ!再び彼女の手を噛み、本日2度目の攻撃を受けてしまったロレータさん…。

もう1人の男性スタッフの協力もあり、どうにか本当に保護が成功しました。おしっこやウンチもされてしまい大変でしたが、約6時間にも及ぶ保護が終わって良かったです。お疲れ様です。

保護された犬の親子を病院でケア

保護された4匹の犬たちは、そのまま病院へ。

出典:https://youtu.be/kUGcaUz-G58

まずはお母さんの番です。汚れた被毛を綺麗にカットしてもらい、その後子犬たちも同じようにカットしてもらいます。もうみんな疲れてしまったのか、大人しくトリミングされています。

そしてみんなシャワーとシャンプーを丁寧に行い、綺麗になった状態で家族一緒に就寝。どうやらようやく落ち着いたようですね!可愛らしい寝顔で寄り添うようにして眠っています。

出典:https://youtu.be/kUGcaUz-G58

その後、協力関係にある預かり施設で3匹は引き取られ、お世話をしてもらえることになりました!動画では見違えるほど美しく、明るく元気に遊びまわっている様子が記録されています。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
掲載YouTubeチャンネル:Hope For Paws – Official Rescue Channel

動画も見たい方はこちら

Hope for Paws

▼▼ 公式サイトはこちら ▼▼
https://www.HopeForPaws.org

▼▼ Facebookページもあります ▼▼
https://www.facebook.com/HopeForPawsCalifornia

こんな記事も読まれています


死ぬまで閉じ込められて”胆汁を採取”され続ける不幸なクマたちをなくしたい!「アニマルズ・アジア」の奮闘は続く


ギリシア版「忠犬ハチ公」!亡くなった主人を事故現場で待つ犬に人々が涙

Comment