保護したピットブルは飼い犬だった!マイクロチップで飼い主を特定し感動の再会

感動

今回、保護団体『Hope for Paws』が通報を受けたのは、1匹のピットブルがいるとのもの。早速現場に向かってみると、怯えた様子で車の陰に身を隠すピットブルの姿が…保護してみると、なんとマイクロチップが埋め込まれていました!

怯えた様子のピットブルを保護、そして…

ある日、保護団体『Hope for Paws』の元に「ピットブルが怯えた様子で隠れている」との通報が。早速現場に向かってみると…

出典:https://youtu.be/iNkIBI9aYYs

確かに通報を受けた現場にピットブルはいました!車の奥の方に入り、こちらを警戒している様子です。まずはピットブルが逃げないように周囲をフェンスで囲います。そレから保護活動を開始です。

近寄って「Hello」と声をかけてみると、まだ怯えている様子のピットブル。軽く唸り声をあげています。ホットドッグを見せても見向きもしません。

出典:https://youtu.be/iNkIBI9aYYs

そこで慎重にリードの輪っかの部分をピットブルに近づけて行きます。唸り声を上げることはあるものの、攻撃的な行動をとることはありません。

慎重に、慎重に輪っかをかけて、ようやく成功です!その後、まだ警戒している様子でしたが、少しずつゆっくりと隠れ家から出てくるピットブル。

体を拭いてもらい、優しく頭を撫でられるとようやく安心したようで、スタッフさんの声にすぐに従います。とても可愛らしいですね!

マイクロチップが埋め込まれていた

出典:https://youtu.be/iNkIBI9aYYs

保護団体が犬を保護した際、マイクロチップが埋め込まれていないかマイクロチップスキャナで必ず確認します。こうすることで、もしも飼い犬だった場合、飼い主さんの元へと無事に戻ることができるからです。

すると、見事、このピットブルはマイクロチップが埋め込まれており、飼い主さんの情報も登録されていました!きっと今頃飼い主さんも心配で捜し回っていることでしょう。すぐに電話を入れることに。

出典:https://youtu.be/iNkIBI9aYYs

登録されていた電話番号を元に電話をかけてみると、すぐに女性が応答しました。スタッフがピットブルを見つけたことを報告すると、ほっと安心したような脱力した声が…♡

また、隣からは男性の声が聞こえてきました。とても焦った様子で、しかし見つかって本当に嬉しいことを感謝とともに伝えてくれています。本当に心配で色々と捜し回ったのでしょう。無事に見つかってよかったです。

ちなみに、このピットブル、屋外パーティーを開いたときに一緒に参加していたようなのですが、途中で打ち上がった花火にびっくりして逃げ出してしまったのだそう。

きっと最初に怯えていたのは、花火の音が怖かったということも尾を引いていたのかもしれませんね。

飼い主さんの元に…そして感動の再会

その後、ピットブルの「ボーイ」は飼い主さんと再会するために施設に向かいました。施設に着くなり、ボーイは「早く早く!」と急ぎ足で廊下を進んでいきます。

急ぎすぎるあまり入る部屋を間違えてしまうほど(笑)とてもお茶目で可愛らしいピットブルです。それほど飼い主さんのことが大好きなのでしょう。

そしてとうとう飼い主さんたちが待つ部屋へ。ドアを開けて中を見ると…そう、家族全員でボーイを迎えにきてくれていたのです!!

その光景にボーイも興奮を隠しきれない様子で喜びを大爆発!みんなに嬉しそうに駆け寄り「会いたかったよ」とキスとハグを交わしています。

その様子を見ていると、こちらまでぐっとくるものがあります。思わず涙が出そうになりますね。

最後に

今回保護されたボーイは無事に家族の元に戻ることができました。しかし、現在年間で花火の音に驚き脱走してしまう犬は多くいるといいます。ぜひ愛犬と花火を見る際は、できれば部屋の中で、安全を確保した上で楽しんでください。

また、ご家庭で飼っているわんちゃんにもしものことがあった場合に備え、マイクロチップを埋め込むことも忘れずに!

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
掲載YouTubeチャンネル:Hope For Paws – Official Rescue Channel

動画も見たい方はこちら

Hope for Paws

▼▼ 公式サイトはこちら ▼▼
https://www.HopeForPaws.org

▼▼ Facebookページもあります ▼▼
https://www.facebook.com/HopeForPawsCalifornia

こんな記事も読まれています


「不吉だから」と施設に断られ続けた黒猫『コール』は温かい里親宅へ♡そして愛らしい飼い猫に


「絶対に助ける」排水路で瀕死状態の子猫の救助…はたして保護することはできるのか

Comment