長年ネグレクト状態だった人懐っこい小型犬。里親さんに引き取られ元気に毎日を送る

感動

お世話をしないのに引き渡しに同意しない飼い主から小型犬を保護。その後、迎え入れてくれた里親さん宅で徐々に幸せそうに元気に暮らす姿をご覧ください!

長年ネグレクト状態の家から小型犬を救出

何もない広い場所にぽつんと置かれたコンクリートと犬小屋のようなもの。そこに繋がれているのは1匹の小型犬です。実は、飼い犬らしい生活を長年送らせてもらえていないといいます。

出典:https://youtu.be/RHxCDPAHgwg

一応、飼い主と呼ばれる人はいるものの、長年、大してごはんや水を十分に与えていなかったようで、その現場を見て動物愛護団体『PETA』ののスタッフが通って面倒を見ているのだとか…。

長年1人ぼっちで過ごしてきたジギーは、人間の愛情に飢えているのか、スタッフがやってくると嬉しそうにピョンピョンとはしゃいでいます。本来とても人懐っこい犬であることがわかります。

では、なぜ動物愛護団体のスタッフたちは、この子をネグレクト現場から引き取ることができないのでしょうか。

出典:https://youtu.be/RHxCDPAHgwg

全くお世話をしていないにも関わらず、ジギーの飼い主である所有者は引き渡しに同意しないといいます。お世話をしていない、あるいはできないならば、引き渡すべきなのに、なぜ引き渡さないのでしょうか。

スタッフによると、ネグレクトを続けている飼い主の中には、犬が可愛い、大切だと愛情を持っていない場合でも、所有権を渡すということ自体にプライドが許さない人もいるのだとか…呆れてかける言葉もありません。

しかし、この日ようやくジギーを解放することに同意した所有者。ようやくジギーは寂しい場所から解放され、施設に移ることができました!施設に来たジギーはスタッフに甘えっぱなし!ずっとこうして甘えたかったのですね♪

里親さん宅に引き取られたジギー

そして、その後ジギーはすぐに里親さんに引き取られることに。

里親さんによると、初日は少し戸惑い気味だったようですが、すぐに新しいお家だと理解したようで、徐々に緊張を解いていく様子が見られたのだとか。

日を追うごとに「もっと遊んでいいかな?」「はしゃいでいいかな?」と様子を伺いつづ楽しそうに過ごす姿が増えてきて、今では先住猫さんとも仲良くなったといいます♡

出典:https://youtu.be/RHxCDPAHgwg

現在、ジギーは新しいお家で自由に遊びまわり、さらに散歩でも新たな友達ができたといいます。長年ネグレクトを受けてきたかわいそうなジギーでしたが、こうして素敵なお家を見つけることができて本当に良かったですね!

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
掲載YouTubeチャンネル:PETA (People for the Ethical Treatment of Animals)

動画も見たい方はこちら

こんな記事も読まれています


「不吉だから」と施設に断られ続けた黒猫『コール』は温かい里親宅へ♡そして愛らしい飼い猫に


「絶対に助ける」排水路で瀕死状態の子猫の救助…はたして保護することはできるのか

Comment