命がけで子育てした結果ガリガリになってしまった犬。ネグレクトから救うために保護活動開始

感動

RSPCAのサウスオーストラリア支部が発見したのは、ある家屋のバックヤードに放置されていた育児中の母犬含む11匹の犬たちでした。全員ネグレクトされており、中でも母犬は命懸けで子育てをしており、ガリガリに痩せ細っていたのです。

劣悪な環境から11匹の犬たちを救出

RSPCA (英国王立動物虐待防止協会) のサウスオーストラリア支部のメンバーは、あるバックヤードに放置されたネグレクト環境下にある犬たちを発見しました。

出典:https://youtu.be/tPI40PcbZPQ

犬たちがネグレクトされていたのは、車やバイクの部品などが無造作に捨てられていた劣悪な環境でした。まるでゴミ屋敷のような惨状から犬たちを救出するため、すぐに保護活動が開始されます。

この劣悪な環境に放置されていたのは、全部で11匹の犬たちです。7匹の成犬と4匹の子犬。政権のうちの1匹は4匹の子犬たちの母犬です。

出典:https://youtu.be/tPI40PcbZPQ

母犬に関しては、ネグレクトされながらも4匹の子犬たちを子育てしていたため、授乳などにより栄養失調状態であることが見てわかります。まったく脂肪や贅肉はなく、皮と骨だけの状態になってしまっていた母犬は「デイジー」。

他の犬たちも回復する時間が必要ですが、何よりデイジーの回復が急務であると早速回復に向けてケアが始まります。

母犬「デイジー」の回復ケアがスタート

出典:https://youtu.be/tPI40PcbZPQ

保護され回復のためのケアが開始されるとき、体重などを測定したところ、デイジーの体重は理想体重の半分以下だったと言います。

映像を見ても栄養がまったく足りておらず、それでも子犬たちを命懸けで育てようとした母としての強さを感じられます。

しかし、もう保護された今、これ以上、デイジーだけで頑張る必要はありません。まずはデイジー自身が回復し、幸せになることが最優先です。

こうしてRSPCAスタッフによる手厚いケアを毎日受けた結果、デイジーの精神力と努力もあり、健康を取り戻すことができたのです!動画でもしっかりと前を見つめる強い眼差しを見せてくれていますよ。

出典:https://youtu.be/tPI40PcbZPQ

さらに、デイジーは回復後、すぐに新しい家族と迎え入れられるお家が見つかったとのことです。あまりにひどい環境からデイジーたちを救うことができて本当に良かったです。RSPCAのスタッフさんたちには心の底から感謝しなければいけません。

さらに動画では、デイジーが新しい家族と共に楽しそうに生活する様子が写真として収められています♪ぜひ最後までデイジーの幸せそうな姿をご覧ください!

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
掲載YouTubeチャンネル:PSPCA South Australia

RSPCA South Australia

▼ 公式サイトはこちら
https://www.rspcasa.org.au/

動画も見たい方はこちら

こんな記事も読まれています


「ありがとう」子猫を保護してもらって感謝を伝える母猫。その驚きの行動とは


『粉砕処分』される予定のコンテナの中に子猫が!!1分1秒を争う状況でのレスキュー

Comment