謎の病気で『体が風船のように膨らんだ』子犬を救助!原因を特定し無事に回復へ

感動

動物救助団体『Animal Aid』の元に、全身が風船のように膨らんでいる子犬がいると連絡がありました。現場に向かうと、笑顔でしっぽを振って迎えてくれる愛らしい子犬の姿。しかし…体はパンパンに腫れあがっていました。

風船のように膨らんでしまった体

出典:https://youtu.be/UjOYV6R-N_Y

多くの犬たちと路上で暮らす子犬の女の子。救助隊員の姿を見ると、笑顔でしっぽを振って近付いてきます。

しかし、その体は風船のように膨らみ、まるで助けを待っていたかのよう。

おとなしく体を触らせてくれる子犬ですが、どうして体が膨れあがっているのか原因はまだわかりません。

出典:https://youtu.be/UjOYV6R-N_Y

最近できたと思われる傷もあります。

子犬は逃げることなく隊員に抱っこされ、そのまますぐに施設に運ばれました。

身を任せる子犬『パフ』

出典:https://youtu.be/UjOYV6R-N_Y

子犬は『パフ』と名付けられ、獣医師による診察が行われます。

子犬は何をされるのかがわかっているかのように、獣医師に身を任せていました。

パフの表情は「助けてもらえる、良かった」と安堵しているようにも見えます。

出典:https://youtu.be/UjOYV6R-N_Y

診断の結果は「皮下気腫」。胸に追った傷は肺まで達しており、肺に穴が開いて空気が漏れ出し、全身の皮膚の下に空気が溜まっていたようです。

空気を抜くバルーンが差し込まれ、圧迫包帯と抗生物質による治療が開始されました。

出典:https://youtu.be/UjOYV6R-N_Y

パフはご飯もきちんと食べられるようになり、着々と回復!

1週間ほど入院したあと、ずっと暮らしていた場所、パフにとっては「家」に戻されます。

「助けてくれてありがとう」

出典:https://youtu.be/UjOYV6R-N_Y

体の膨らみがなくなり、ほっそりとしたパフです。

救助隊員に甘えてまるで「ありがとう」と言っているみたいではありませんか?

終始笑顔を絶やさず、いつもしっぽを振ってくれていたパフ。助かって良かった!これからも元気に暮らしてほしいですね。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
掲載YouTubeチャンネル:Animal Aid Unlimited, India

動画も見たい方はこちら

こんな記事も読まれています


「この人たちは良い人だ」痛みで動けなかった犬はレスキュー団体の気持ちを察した


”12年”かけた冒険から戻ってきた猫は家族と再会を果たし引退生活へ

Comment