親猫とはぐれた?不安と恐怖で泣き続け声の枯れた子猫を保護

感動

2020年9月。猫の保護活動を行っている『NPOくすのき』は、一人鳴き続ける子猫を保護しました。鳴きすぎたのか、その声は枯れはて悲壮感漂う表情の子猫。半月後には驚くべき変貌を…!

怖さのあまり鳴きすぎて声が枯れ、顔つきまで変わってしまった子猫

出典:https://twitter.com/atami_kusunoki/status/1305459073647742976

母猫とはぐれてしまったのか、不安と恐怖からずっと鳴き続けていた子猫が保護されました。

食べるものもなく、守ってくれる存在もいない…。鳴きすぎて体力もなくなり、このまま子猫が一人路上にいては、生き抜くことは難しかったでしょう。

左側の保護した初日の子猫の表情は、目に力がなく憔悴しきった様子がうかがえます。

保護してからも落ち着きなく鳴き続けたようですが、よっぽどお腹が空いていたのかご飯は即完食。悲し気な表情は気になりますが、ご飯を食べてくれたことに一安心です。

少しずつ少しずつ…

出典:https://twitter.com/atami_kusunoki/status/1305459073647742976

少し目に力が戻り、徐々に落ち着きを取り戻してきました。それでもまだ寂しそうな表情…。

とにかく今は、体調を万全にすることと、笑顔を取り戻してもらうことが先決です。

子猫には体のケアはもちろん、たくさんの愛情が注がれました。

そして半月後…

出典:https://twitter.com/atami_kusunoki/status/1311200655655100416

まるで別の子猫のように、穏やかな顔つきに力のある目。

落ち着きもあり、『NPOくすのき』の皆さんが、どれだけ尽力されたかがよくわかります。

子猫には永遠の家族探しが始まります。

たくさん寂しい思いをして声が枯れるまで、顔つきが変わるまで鳴いた子猫。幸せになってほしいですね。

NPOくすのき

▼▼ 公式ホームページはこちら ▼▼
https://npo-kusunoki.life/

▼▼ 公式ツイッターはこちら ▼▼
https://twitter.com/atami_kusunoki

こんな記事も読まれています


里親に引き取られた「チャーリー」は育ての親である犬と感動の対面を果たす


長年ネグレクト状態だった人懐っこい小型犬。里親さんに引き取られ元気に毎日を送る


日本も見習うべき!殺処分される猫を救う取り組み『バーンキャット・プログラム』とは?

Comment