発狂寸前、餓死寸前。飼育崩壊が起きた家で3匹の猫と2匹の犬を保護

悲しい

動物保護団体『RSPCA 南オーストラリア』に1本の通報が入りました。現場に向かって目にしたのは…劣悪な環境で暮らす発狂寸前、餓死寸前の13匹の猫と2匹の犬でした。

どうしてこんなことができるのか…?

出典:https://youtu.be/9FUX8sjXOt8

『RSPCA 南オーストラリア』のインスペクターが目にしたのは、ゴミ屋敷と化した部屋の中で暮らす13匹の猫と2匹の犬の姿。

出典:https://youtu.be/9FUX8sjXOt8

ほとんどの猫と犬がケージに押し込まれ、まともにお世話もされていませんでした。

室内のケージにも閉じ込められたままの猫と犬の姿が…。ろくに食事ももらえず、閉じ込められたままのためストレスが溜まりに溜まって、精神状態は崩壊し始めていました。

出典:https://youtu.be/9FUX8sjXOt8

ガリガリにやせ細り、生気のない表情の猫や犬たちの姿に、インスペクターは言葉も出ません。

13匹の猫と2匹の犬派すべて救助され、12ヶ月にも及ぶ精神的サポートやケア、体の治療が行われ、やっと里親探しができるようになるまでに…。

新しい人生をスタート

出典:https://youtu.be/9FUX8sjXOt8

保護された猫の1匹『ニンジャ』は、ローアンさんに永遠の家族として迎えられ、過去を忘れて幸せに暮らしています。

ニンジャはお腹を撫でてもらうことが大好きで、ローアンさんの前ですぐにゴロンとお腹を見せるそうです。その様子に「どう?ボク可愛いでしょ」と言っているみたいだとローアンさん。

出典:https://youtu.be/9FUX8sjXOt8

更にもう1匹、『ジーナ』はソニアさんに永遠の家族として迎えられてジーナも幸せに暮らしています。

ジーナはソニアさんが大好きで、いつもついて歩いたり、ベッドで一緒に眠るのだとか。そんなジーナを「プリンセスジーナ」と呼んで溺愛するソニアさん。

劣悪な環境で、食べることもままならず、猫としての楽しみや幸せだけでなく人の愛情も知らなかった猫や犬たち。

閉じ込められた狭い空間しか知らず、精神が崩壊寸前という辛い過去を乗り越え、新たな人生を踏み出せたことは本当に良かったですね。

RSPCA South Australia

▼ 公式サイトはこちら
https://www.rspcasa.org.au/

こんな記事も読まれています


命がけで子育てした結果ガリガリになってしまった犬。ネグレクトから救うために保護活動開始


「不吉だから」と施設に断られ続けた黒猫『コール』は温かい里親宅へ♡そして愛らしい飼い猫に

Comment