太りすぎの猫を救え!ダイエットのため救助された猫が永遠のお家探しをはじめる

太り過ぎの猫 驚き
@pokeypotpie
スポンサーリンク

『肥満』それは猫にとって命を脅かす危険性もある。健康な体を取り戻し、永遠のお家を見つけるために救助された猫の物語。

太り過ぎ!グルーミングも満足にできない猫が保護施設へ

通常猫は、14ポンド(約6kg)の体重が理想のはずが、28ポンド(約12kg)の体重を持つ大きな猫ウィルフォード

8歳である彼の飼い主はとうとう世話をすることができなくなり、バージニア州の保護団体『Lost Dog and Cat Rescue Foundation』へと保護されることになりました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Playschool for Wayward Kittens(@pokeypotpie)がシェアした投稿

 

ウィルフォードは見た目の通り過度な肥満、その毛並みに艶はなくひどく汚れていたといいます。ただのダイエットではなく、医療的な処置をも必要としている状態でした。

”彼はとてつもなく優しい性格をしていますが、保護当時はひどく混乱しており、人生のすべての変化に圧倒されてストレスを感じています。

保護ボランティアのジェンさんは当時のウィルフォードについてそう語っています。ウィルフォードは現在の体重を半分にする必要があり、それには数年かかるとされています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Playschool for Wayward Kittens(@pokeypotpie)がシェアした投稿

ジェンさんは

”私は彼がキャットニップとキャットニップのおもちゃを愛していることを発見しました。

彼は遊び心があります。彼に動きの幅はあまりありませんが、羽根に非常に興味があり、それを叩くと誘惑することができます。これは、彼に運動をさせるのに役立ちます”

とジェンさんは話しています。

太っちょ猫に里親希望の問い合わせが殺到

ウィルフォードのニュースはまたたく間に拡散され、里親を希望する人々からの連絡が殺到しているようです。

ジェンさんはそれらに感謝すると同時に、ウィルフォードには様々なケアが必要であること、そしてそのケアにはお金と時間が掛かること、そしてその必要性を説明したところ当初に比べて里親希望者が激減していることを報告。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Playschool for Wayward Kittens(@pokeypotpie)がシェアした投稿

”彼は絶対に愛らしい。愛らしくそして個性に満ちていますが、多くの仕事と献身を必要とします。彼の食事は綿密に監視する必要があり、健康的な体重減少を確実にするために獣医の監督下にある必要があります。

また、喘息を患っており、吸入器を介して1日2回高価な薬を投与する必要があります。

最後に、ウィルフォードはトイレを使用した後、自分で身だしなみをしたり、掃除したりできません。これは、頻繁に入浴が必要になることを意味します。

この情報をすべて伝えると、多くの人が想定以上であると認め、選択プロセスから自分自身を取り除いたことに非常に感謝しています。

私はこれらの人々の誠実さ、そしてウィルフォードにとって何が最善かを検討していることに非常に感謝しています。

救助に関しては確実なことは何もありませんし、状況は日々変化しますが、ウィルフォードは彼の永遠の家をすぐに見つけると思います。”

確かにウィルフォードのお世話は通常のそれらよりも、お金も時間も必要とするのは事実です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Playschool for Wayward Kittens(@pokeypotpie)がシェアした投稿

 

ウィルフォードが太ってしまったのは元の飼い主がしっかりとお世話をしていなかったのが原因です。彼が長生きできるよう配慮してくれる素晴らしい家族と出会えるよう、遠い日本からも、ウィルフォードの幸せを願っています。

彼の愛らしさはきっとそれらをも受け入れてくれる永遠のお家を見つけることができるでしょう。吉報を心待ちに。

このストーリーに寄せられたコメント

・今、ウィルフォードはとても幸せそうだ。きっと大丈夫!

・ウィルフォードの幸せを心から願っています。

・保護当時とは表情が全然違うね。輝いているよ!

・きっとウィルフォードを必要とする人がいるはず。

・ウィルフォードに幸あれ!

太り過ぎの猫

Comment