人が怖い!体中に【金属製の弾】を撃ち込まれていた犬を保護。心を閉ざした犬に笑顔が戻る

感動

アメリカの保護団体『HOPE FOR PAWS』に小学校に9ヶ月間住み着いているという犬の保護依頼がありました。そこにいたのは…人に対して強い恐怖心を持つ犬。心を閉ざしてしまった犬に再び幸せを…!

とにかく人が怖い!

どうして犬が小学校に住み着くことになったのかはわかりませんが、HOPE FOR PAWSが現場に向かうと、そこには明らかに人を警戒する犬の姿が…。

車の行き交う道路に飛び出し、遠くからこちらを見つめています。

出典:https://youtu.be/HzwZ4THBpx0

しかし、お腹が空いていたのでしょう。食べ物を投げると、警戒しながらも近付いてきました。しかし、人の動きを察知するとすぐに逃げてしまいます。

ワイヤーリードを地面に置き、犬が首を下げたところで捕まえる計画ですが、警戒してなかなかうまくいきません。

出典:https://youtu.be/HzwZ4THBpx0

なんとか犬にワイヤーリードをかけることができましたが、犬は激しく暴れて抵抗。

どうしても人間には捕まりたくない…そんな思いすら感じられる犬の姿に、救助スタッフたちは優しく撫でて落ち着かせます。

出典:https://youtu.be/HzwZ4THBpx0

しかし、犬にとって怖いものは怖い。体を伏せて動こうとしません。

犬を抱きかかえてケージに入れるも…またケージの中で落ち着きなく出して欲しいと暴れる犬。どうしてここまで人間を怖がるのでしょうか…?

周りでは、犬のストレスの波動を感知したり、悲鳴を聞いた近所の犬たちが仲間の訴えに答えるかのように吠えています。

病院で判明したのは…

出典:https://youtu.be/HzwZ4THBpx0

病院に向かう道中に、犬は『ライラック』と名付けられました。

一体何をされるのかと不安そうな表情で、その目はすべてを諦めているようにも見えます。

汚れていたため、シャンプーも行われましたが、終始小さくなって固まるライラック。

出典:https://youtu.be/HzwZ4THBpx0

部屋を与えられますが、隅で壁に向かって一切こちらを見ようとはしません。

これは虐待などにあって心を閉ざしてしまった犬によく見られる姿…。

出典:https://youtu.be/HzwZ4THBpx0

それもそのはず、レントゲンの写真から、ライラックの体にはペントガンによる金属製の弾が無数に撃ち込まれていたことがわかりました。

誰が一体こんなひどいことを…。

出典:https://youtu.be/HzwZ4THBpx0

これまでどれだけ辛い目にあってきたのかは、ライラックの様子を見れば一目瞭然。

どんなに優しく撫でられても、人を信用することができません。

この後、ライラックは全身の毛を刈られ、体中に撃ち込まれた金属製の弾を取り出す手術が行われました。

そして、深く傷ついた心をケアするため、しばらくトレーニングセンターで暮らします。

5か月後…

出典:https://youtu.be/HzwZ4THBpx0

ライラックには、ターニャさんという永遠の家族ができました。犬の仲間もおり、毎日ハイキングに行ったり、水遊びをしたりと楽しいことがいっぱい!

ターニャさんを選んだのはライラック自身です。周りの人たちの温かいサポートによって、ライラックは再び人を信じることができるようになりました。

これまで辛い経験をたくさんしてきたライラック、これからはたくさんの愛を受けて幸せに暮らしてほしいですね。

こんな記事も読まれています


衝撃のビフォーアフター!何もかもを諦めていた犬の変化に感動


親猫とはぐれた?不安と恐怖で泣き続け声の枯れた子猫を保護

Comment