『育児放棄』された4匹の子猫の中で1匹だけが生き残った。残された命を救うためにしたことは

感動

母猫が育てようとしない生後3日目の子猫4匹。3匹は亡くなりましたが、残った1匹をボランティアが引き取り手厚い世話を続けた結果、元気に成長中です。体は手のひらサイズでも、生きる意欲は強く大きいのです。

赤ちゃん猫があぶない!

三毛の赤ちゃん猫が保護されたときは、わずか生後3日目でした。でもこの猫は生きるために戦う勇敢な戦士だったのです。

出典:https://www.lovemeow.com/3-day-old-rescue-kitten-fights-to-beat-the-odds-1914839537.html

「生後3日目の4匹の子猫を一時養育してほしいと電話連絡がありました。すぐに母とわたしが引き受けたのです。でもそれから2日後には、たった1匹だけしか生き残りませんでした」と画像共有サイト「イミジャー」に投稿しているのは、ペンネーム「テイミッチファー」さんです。

さっそく子猫を引き取り、生き残るために最大限の世話をしてあげたのです。

生きる意欲が子猫を救う

出典:https://www.lovemeow.com/3-day-old-rescue-kitten-fights-to-beat-the-odds-1914839537.html

「助かる見込みは低かったのです。母猫は若すぎて育児の仕方がわからず、母乳が与えられません。そうなると生き残る可能性は低くなりますからね」

その1週間を生き残れるのか、2人は不安に思っていました。でも子猫の生への執着はとても強かったのです。

出典:https://www.lovemeow.com/3-day-old-rescue-kitten-fights-to-beat-the-odds-1914839537.html

「どんどん強くなり、鳴き声も大きくなってきました」

お腹がいっぱいになると、人間の手の中でひと眠り。このとき2人は子猫が生き残れることを確信しました。そして子猫はどんどん元気になっていきました。

出典:https://www.lovemeow.com/3-day-old-rescue-kitten-fights-to-beat-the-odds-1914839537.html

2人は別の子猫も預かることになりました。そしてたちまち2匹は大の仲良しになったのです。

2匹は遊びに疲れると、体をくっつけて休みます。そば親友がいて、エミリーはとっても幸せです。

動物への愛情があれば、小さな命を救うこともできるのですね。この話題をお友達にも教えてあげてはいかがでしょう。

出典:https://www.lovemeow.com/3-day-old-rescue-kitten-fights-to-beat-the-odds-1914839537.html

こんな記事も読まれています


事故で前足を失った「プードル」安楽死の勧めを乗り越え生き抜く姿が感動を呼ぶ!


瞳を持たない子猫『マペット』力強い声で生きるチャンスを掴む!

Comment