【感動】真っ暗な床下にいた『下半身が麻痺した犬』が人間に救われたその後

感動

匿名の通報を受けて、保護団体『Stray Rescue Of St. Louis』が廃屋の床下で見つけたのは、極度にやせ細り下半身が麻痺した大型犬でした。助けを求め続けていた犬に新たな人生が…!

どれくらいの間一人でここにいたのか…?

出典:https://youtu.be/1nzaSEBKe7E

廃屋の真っ暗な床下にいたのは、体を折りたたむように縮こまっていた大型犬『スクーチ』でした。

救助スタッフが床下を這っていくと、スクーチは低い唸り声を出していましたが、ソーセージを投げると唸り声はすぐに止まります。

出典:https://youtu.be/1nzaSEBKe7E

よっぽどお腹が空いていたのでしょう。前足だけで体を引きずり、ソーセージに向かって進んできました。

スクーチの状態から、最も安全でストレスのない方法で床下からどう連れ出すかを考え、食べ物で道を作ることにします。

出典:https://youtu.be/1nzaSEBKe7E

スクーチに「大丈夫」「仲間だよ」と優しく声をかけながら食べ物を置き、少しずつ床下から外に誘導すると…。

スクーチは必死に這って救助スタッフの後を追いかけ、自分で外に出てきてくれました。

しかし、明るい場所で見るスクーチはガリガリにやせ細り、骨がくっきり。どれだけ長い間、真っ暗な床下で一人過ごしていたのでしょうか。

床下から出てきたスクーチは、自分が助けてもらえるとすぐにわかったようで、車に乗せるとエアコンと毛布の快適さを気に入って、笑顔まで見せてくれました。

スクーチが救助される様子は動画でご覧いただけます。

その後…

出典:https://youtu.be/1nzaSEBKe7E

しっかり食べて、肉付きも良くなったスクーチのその後の様子が投稿されました。

スクーチのために車椅子の寄付を募ると、多くの人から寄付が集まり、車椅子を購入することができたそうです。

中には、愛犬が使用していた車椅子を寄付したいという申し出があったり、持ち込まれたり…。

スクーチは車椅子でお散歩することが大好き!

ドッグランで追いかけっこだってできるんです。方向転換も慣れたもので、車椅子を見事に乗りこなしています。

出典:https://youtu.be/1nzaSEBKe7E

更に、スクーチは両前足を少しだけ浮かせるジャンプもできるようになりました。

床下の暗闇の中で飢えに苦しみ、一人不安と寂しさに耐えていたスクーチ。多くの人からたくさんの愛を受けてこんなにも楽しそうな姿を見せてくれるまでに…。

スクーチの姿にも、多くの人の善意にも感動しかありません。

スクーチが楽しそうに遊ぶ姿を、実際に動画でご覧ください。

こんな記事も読まれています


事故で前足を失った「プードル」安楽死の勧めを乗り越え生き抜く姿が感動を呼ぶ!


瞳を持たない子猫『マペット』力強い声で生きるチャンスを掴む!

Comment