「耳や尻尾を切断」という酷い虐待を受けてトラウマになった犬。再び心を開くようになる

感動

ギリシャの保護団体『Takis Shelter』の元に、犬の保護を依頼する連絡が入りました。痩せ細り、耳の先が切られて尻尾も切断されていた犬。男性を執拗に怖がる犬に一体何があったのか…。

不安定な精神状態の犬

出典:https://youtu.be/Hc6xS8lAXPQ

クレタ島のオリーブ畑で犬が追い払われているのを目撃した女性が、『Takis Shelter』に犬の保護を依頼しました。

『Takis Shelter』の創設者であるタキスさんが現場に向かうと、連絡をくれた女性の横におとなしい犬の姿が。

女性は時おり犬を撫で、犬もその手を受け入れているようです。タキスさんが撫でてもおとなしく撫でられます。

犬の耳の先は両方とも切られた跡があり、しっぽも付け根の近くから切断されていました。

出典:https://youtu.be/Hc6xS8lAXPQ

突然犬はタキスさんと女性から離れると、口を開けて「アウアウアウ」と唸り声をあげ、タキスさんが触ろうとすると牙をむき出しに…。

耳を触られたことで、誰かに何かをされて怖い体験をしたことを思い出してしまったのでしょうか。

出典:https://youtu.be/Hc6xS8lAXPQ

犬は「シンバ」と名付けられましたが、保護をしたあとも唸り声を出し、タキスさんに噛みつこうとするしぐさが続きます。

もしかしたら、男性に虐待されていて、男性に強い恐怖を感じているのかもしれません。

タキスさんの想いが犬に…

タキスさんはシンバに向き合い、「友達だよ」と言いt付けます。

何度も噛まれそうになりますが、諦めずに「友達になるんだよ」「シンバ、君は僕を好きになるよ」と…。

出典:https://youtu.be/Hc6xS8lAXPQ

犬に人間の言葉は理解できません。しかし、その人の雰囲気や表情、声に込められた思いを感じ取ることはできます。

シンバは恐る恐るタキスさんに近付き、差し出した手を受け入れてくれました。

本当はたくさん撫でてもらいたい。
本当はたくさん愛されたい。

それがシンバの本音であるように、うっとりした表情に…。

タキスさんの手にはシンバに噛まれた跡がくっきりと残っていますが、噛んでもなお優しく接してくれたタキスさんに心を動かされたのかもしれません。

出典:https://youtu.be/Hc6xS8lAXPQ

タキスさんの言葉通り、シンバはタキスさんが大好きなようです。ベッタリとくっついて甘える姿はとても幸せそう!

こんな記事も読まれています


”20年間”サーカスにとらわれたライオンは、人々の助けで自由を取り戻した


【号泣必至】7ヶ月間行方不明になっていた猫が無事帰宅。その姿を見つけた男の子は…?再会の様子に涙が止まらない

Comment