まだ目も開いていない幼い子猫を保護…「生きたい」と頑張った子猫たちの結末

感動

ある日、保護シェルター近くで2匹の子猫の鳴き声が聞こえたため、急いで捜索を開始したゴエママさん。発見した子猫たちは、まだ目も開いていないとても小さな子猫達でした…。

目も開いていない子猫達を保護・育児

ある日、猫の保護活動を行っているゴエママさんが、保護シェルターで猫達のお世話をしていた時、シェルターの外から子猫の鳴き声が聞こえたと言います。

室内にいても聞こえる声で助けを呼ぶ子猫の鳴き声。声を頼りに探したところ、ノミだらけの状態で2匹の幼い子猫が発見されました。

1時間経っても母猫が現れなかったことから、母猫は2匹の子猫を置いていったのだと判断。また、すでに衰弱している状態だったため、すぐに病院へ連れて行くことにしたと言います。

病院へ連れて行くと、黒い子猫「クロ」は校門がふさがった状態で生まれた奇形児であることが判明。獣医さんに穴を開けてもらい排泄できるようにしましたが、自力では排泄できる状態ではありません。

また、2匹は衰弱しており、まだ幼い子猫だったため、カテーテルで定期的にミルクを与える必要があります。予断を許さない状況が続きます。

兄弟の死…しかし懸命に生きる「三毛」に再会が!

懸命にお世話を続けるも保護から2週間後。残念ながらクロは天国へと旅立ってしまいました。兄弟が亡くなってしまったもう1匹の子猫・三毛ですが、生きていくため頑張ってミルクを飲み、少しずつ体重も増えていきました。

そしてさらに2週間後。今度は奇跡的に他の兄弟猫が発見されたのです!体重もほぼ三毛と同じだったことから、同じ母猫から生まれた兄弟猫だと判断したようです。

残念ながらクロは旅立ってしまいましたが、他の兄弟猫と再会することができ、少しだけ心強いですね!

しかし、この頃から三毛の様子に異変が起きます。下痢が続いてしまっていたのです。兄弟に再開できた喜びもつかの間、10日後にはミルクも飲めなくなってしまい、気は抜けません。

それでも三毛は「生きたい」という思いが強かったのでしょう。バリウム検査を受けたり、入院中にケアを受けたりと必死で生きようと頑張ってくれました。

その後も嘔吐や下痢といった症状が続き、ぐったりとした様子を見せる三毛。しかし、病状が少しずつ回復に向かい、なんと、奇跡的に4日後には退院することができるように!まだ気は抜けない状況ですが、とりあえず一安心ですね♡

ここで兄弟達は皆、名前をもらうことに。三毛は「未来」、グレーの子猫は「喜一」、そして茶トラの子猫は「太一」です!

里親が決定!しかし…

回復してから1ヶ月後、喜一の里親が決定しました!新しい家族によって「スノウ」と新たな名前をもらった喜一は、新しい家族と一緒に新しいお家へと向かいました。

残る未来と太一は、里親が決まるまでの間、兄弟仲良く一緒に過ごすことに。しかし、喜一が里親さんに迎えられた後、すぐに未来も里親さんが決定しました。

里親さんが決まった未来でしたが、里親さんのご家庭で問題が発生したとのこと。なんと迎えられて1ヶ月でシェルターに戻ってくることになったのです。

猫を迎え入れるということは、その命に責任を持つということ。迎え入れる決定は簡単に決断していいものではありません。

今後、未来は太一と一緒に迎えてもらえるお家を探すということです。仲の良い兄弟でしたから、一緒に迎えてもらえるご家庭を探したほうが良いのかもしれませんね。

2匹の里親募集は新型コロナウイルスが終息してから開始するということです。次こそは、未来と太一に素敵な里親さんが見つかることを祈っております。

※こちらの記事は情報掲載元の団体より許可を得て掲載しております。
団体名:一般社団法人 ねこのおうち

一般社団法人 ねこのおうち

▼▼ 公式ブログはこちら ▼▼
https://ameblo.jp/nekonoouchi0330/

★ 里親ご希望の方はツイッターへ
https://twitter.com/COKeS7nsxPGOroD

★ それ以外の方はこちらもチェック!
https://ameblo.jp/nekonoouchi0330/entry-12547704585.html

こんな記事も読まれています


”20年間”サーカスにとらわれたライオンは、人々の助けで自由を取り戻した


【号泣必至】7ヶ月間行方不明になっていた猫が無事帰宅。その姿を見つけた男の子は…?再会の様子に涙が止まらない

Comment