『汚物まみれの金網の中に監禁』されていた姉妹犬!救助に向かったものの悲しい結末が…

悲しい

今回紹介するお話は、動物保護団体『PETA』による姉妹犬の救出劇です。汚物にまみれた狭い檻の中に監禁されていた姉妹犬。十分なお世話もされず、飼い主が所有権を放棄しないため、救出までに時間がかかってしまったのですが…。

金網の囲いの中で飼育放棄されていた姉妹犬

出典:https://youtu.be/yWK7IGqitXc

ある一軒の家の敷地内に、金網の囲いの中で飼育放棄された姉妹犬を発見。黒い犬の『エリー』と白い犬の『ジジ』です。動物保護団体『PETA』が何度も訪れ、飼い主にお世話をすることを促したり、できないならば所有権を放棄することを説得したりするも応じてくれません。

汚物にまみれた不衛生な環境で監禁されている姉妹犬を見て、スタッフはいてもたってもいられなくなったのでしょう。飼い主の家に訪問する度、食べ物と清潔な水を持って姉妹犬の元へと訪れ、囲いの中を清潔に掃除をしていました。

出典:https://youtu.be/yWK7IGqitXc

お世話をしてくれるスタッフたちに安心感を覚えていたのでしょうか。2頭は怖がる様子もなく、食料や水、掃除を受け入れていました。

そんなスタッフたちの行動を見てもお世話をしようとも所有権を放棄しようともしない飼い主…。いったい何を考えているのでしょうか。理解できません。

飼い主を動物虐待で通報!しかし…

出典:https://youtu.be/yWK7IGqitXc

とうとうPETAは飼い主を動物虐待で警察に通報することに。その結果、飼い主は動物虐待の罪で有罪となり、今後は動物を飼育することが禁じられたと言います。これで姉妹犬の所有権を移せますね!

しかし、2匹の所有権に関しては、様々な手続きなども必要なため、時間がかかってしまったのです。そして、最も恐れていた事態が起こります。

出典:https://youtu.be/yWK7IGqitXc

2匹の所有権が移されるのを待っている間、白い犬のジジが亡くなってしまったのです。長い間、衛生状態の悪い中でまともなお世話もされていなかったため、病気ではないかと考えられています。

囲いの中では、亡くなってしまったジジにエリーが寄り添っていたと言います。間に合わなくてごめんね。

そしてようやくエリーとジジの保護犬を勝ち取ることができたPETA。しかし、ジジにとっては遅すぎました。

それでもエリーを助けることはできます。2頭が監禁されていた囲いを壊し、エリーを保護。その後、協力関係にある保護施設へと移されることになりました。

治療を施され愛情を注いでくれる里親の元へ

保護施設へと移されたエリーは、そこで十分な医療を施され、回復に向かいました。また、スタッフたちからたっぷりと愛情を受け、ついにエリーを大切に愛してくれる里親さんが見つかりました!

出典:https://youtu.be/yWK7IGqitXc

動画では、エリーが里親さんの家で楽しそうに笑顔で暮らす日々が映し出されています。広い芝生の上で駆け回ったり、おもちゃを使って遊んだり♪

里親さんによると、エリーはいつも口角を上げて笑っているような表情を見せてくれているとのこと!里親さんがエリーのことを話す表情からもエリーを心から愛していることが伝わってきます。

また、すでにいた先住犬とも仲良く暮らしているようで、エリーはたくさんの愛情を注いでくれる里親さんと、一緒に楽しく暮らしてくれる新しい友達を得ることができたのです。

最後に

PETAの働きにより、エリーを救出することができました。ジジは残念な結末となってしまいましたが、最後の最後でPETAのスタッフがやってきてお世話をしてくれたことを受け、少しでも人の温かさを知ることができたのではないでしょうか。

また、里親さん宅でのエリーの様子を見ると、エリーはジジの分も幸せになってくれると確信できます!ぜひ今後は今までの分も幸せになってね!

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
掲載YouTubeチャンネル:PETA (People for the Ethical Treatment of Animals)

こんな記事も読まれています


【運命の出会い】ガソリンスタンドの『ゴミの中』から発見された子猫


『横断歩道は一緒に渡ろうね!』犬が交通巡査に!園児の通行を助けて大人気

Comment