猛暑の中「ゴミのコンテナに投げ捨てられた子犬」を発見…命を助けるために人々が奮闘

悲しい

スペインで驚異の猛暑を記録した日、なんとゴミのコンテナの中に投げ捨てられた状態で子犬が発見されました。重度の熱中症だと思われる子犬を保護し、多くの人々が子犬を助けるために奮闘します。

記録的な猛暑の中、捨てられた子犬を発見

コンテナに捨てられた子犬

出典:https://youtu.be/jcDCYmlhAsA

猛暑を記録した日、スペインのある場所に置かれているゴミのコンテナの中に子犬が投げ捨てられているのを発見。コンテナ内は猛暑によって熱がこもっており、その中で立ち上がることもできない子犬「ビリー」は、まるで鍋の中で調理されているような状態だったと言います。

発見した当時、ビリーの体はとても熱くなっていたため、熱中症状態だったと考えられます。そんなビリーを助けるため、発見者はInstagramに動画を投稿。助けを求めたのです。

出典:https://youtu.be/jcDCYmlhAsA

Instagramに投稿された動画を見て、保護団体『LetsAdopt』が応え、ビリーを保護することに。ぐったりとした様子のビリーを保護し、すぐに病院へ連れて行ったと言います。

病院へ連れて行かれたビリーは、意識はあるもののぐったりとした様子で動くこともできない状況でした。また、下痢や嘔吐といった症状を起こすパルボウイルス感染も見つかりました。

出典:https://youtu.be/jcDCYmlhAsA

様々な検査を行わなければいけないと判断され、救急病院から別の病院へ移されることになったビリー。鼻先をつついたり体を傾けたりといった刺激を与えることで、神経系の検査を行います。さらにレントゲン撮影も行い、なぜビリーが動くことができないのか、徹底的に検査をしたのです。

こうした検査結果をもとに、治療やケアを続けました。多くの病院のスタッフや保護団体のスタッフによって懸命なケアが続けられた結果、なんとビリーは自力で立ち上がり、さらに歩くことができるようになったのです!明らかに回復している兆候が見られます!

退院が決定!そして新しい家族と巡り合う

里親さんに迎えられるビリー

出典:https://youtu.be/jcDCYmlhAsA

その後、順調に回復したビリー。退院が決定し、病院へと向かえにやってきた保護団体のスタッフの姿を見て、嬉しそうに立ち上がり出迎えてくれました!もうすっかり元気になったようです。

さらに嬉しいことに、ビリーが入院している最中に、なんと新しい里親さんが見つかったのです。この病院からビリーは直接新たな里親さんの元へと向かうことになります。

とても人懐っこく社交的なビリー。里親さんに会った瞬間、戸惑う様子を見せずに里親さんの腕の中へと飛び込んでいきました!きっと「この人なら幸せにしてくれる」と確信したのでしょう。

出典:https://youtu.be/jcDCYmlhAsA

ビリーの新しい家族には、小さなお子様と先住犬であるチワワも住んでいます。そこにビリーも加わるため、これからますます賑やかになることでしょう。動画の後半では、ビリーが新しい家族の元で幸せそうに暮らしている様子を見ることができます。ぜひ動画で幸せ全開なビリーの様子をお楽しみください!

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
掲載YouTubeチャンネル:Viktor Larkhill (LetsAdopt)

こんな記事も読まれています

足としっぽが凍りついて動けない「子猫」厳しい寒さの中で優しい男性がレスキュー!

【間一髪!】駐車場に捨てられていた子猫達が必死で届けた『SOS』