闘犬の噛ませ犬として生きてきたプードルは『ゴミとして捨てられ』血だらけのまま放置されていた

悲しい

皆さんは『噛ませ犬』という存在をご存知でしょうか。噛ませ犬とは、若い闘犬に自信を持たせるために弱い犬としてあてがわれ、噛みつかれる犬のことを指します。あまりにも残酷な運命を生きてきたプードルを保護したのですが…。

瀕死の状態で発見されたのは『噛ませ犬』

ダンボールで横たわる犬

出典:https://youtu.be/M3Bag_TgFwQ

悲しそうな声を上げて瀕死の状態で横たわっているのは、血まみれで息を吸うだけでも痛みが伴う重度の傷を負ったプードルです。どうやら彼は闘犬にあてがわれる『噛ませ犬』だったようです。

噛ませ犬とは

噛ませ犬とは、若い闘犬に自信をつけさせるため、最初に弱い犬をあてがい噛ませるために使われる犬のことを指します。あまりに残酷すぎる扱い、そして運命ですが、実際にこうした世界が今でも存在すると言います。

今回保護したプードルは、その『噛ませ犬』として使われてしまい、血まみれの状態だったと考えられます。

そして、噛ませ犬として使えなくなったからという酷い理由で、傷を手当てさせることもなく捨てられ放置されていたと言うのです。一般では縁のない世界なので、本当にそんな酷いことが起きているのかと思っていましたが、実際にこうした酷い状態で捨てられている犬がいるのです。信じられません。

このプードルは、発見者から「血だらけで泣いている犬」がいるとの通報を保護団体が受けて保護しました。保護した人たちは「ゴミとして捨てられていたようだ」と言い、「しかし、誰かにとってもゴミでも、他の誰かにとっては宝になると言う言葉がある」と続けます。

あまりに酷い状態のプードルでしたが、まだ息があります。保護した人たちは、すぐに動物病院へ連れて行くことに決めました。

病院で治療を開始…助かるのか

病院に連れてこられた傷を負った犬

出典:https://youtu.be/M3Bag_TgFwQ

すぐに動物病院に連れて行かれたプードル。あまりに酷い状態に、手術をするにも最も困難で複雑な手術になると推測されました。

まずはプードルがどのような状態なのか詳しく調べてみることに。骨はほどんと噛み砕かれた状態で、皮膚も引き裂かれていたと言います。また、下顎は完全に外された状態だったため、栄養補給がうまくできず、喉の穴から補給するしかなかったのです。想像以上に酷い状態です。

出典:https://youtu.be/M3Bag_TgFwQ

さらに酷い感染症にさらされていることがわかったため、それらの症状も含めて手術を行わなければいけません。しかし、顎を完全に取り外し、金属板と取り替えなければいけない手術は容易ではありません。とても複雑で難しい手術であることが予想されました。

そんな手術にプードルは耐えることができるのか…。誰もがプードルが生き延びることができるのか確信が持てない状態だったのです。

里親さんと白い犬

出典:https://youtu.be/M3Bag_TgFwQ

しかし、皆の心配をよそにプードルは無事に手術に耐え、生存することができたのです!彼は生きることを諦めていなかったのですね。

こうして彼は「ジューン」と言う新たな名前をもらい、一時預かり先のお家へと預けられることになりました。

預かり先のお家の方は、ジューンが心配で眠れない夜を過ごしたと言います。毎日介護をし、献身的なリハビリも行ってくれた一時預かり先によって、ジューンも少しずつ心を開き、リラックスした様子を見せるようになったのです!

動画は「次のページ」に

Comment