闘犬の噛ませ犬として生きてきたプードルは『ゴミとして捨てられ』血だらけのまま放置されていた

悲しい

最後に

ジューンが完全に回復するまでは時間がかかります。しかし、一時預かり先のご家庭のお母さんが、なんと里親としてジューンを迎え入れてくれることが決定しました!今では、ジューンも新しい生活を楽しそうに送っていると言います。

闘犬やその闘犬に使われる噛ませ犬という存在がいるなんて、正直いまだに信じたくありません。しかし、今回のジューンのような犬が発見されたと言うことは、事実として現在も行われているのでしょう。今後、こうした行為が世界中からなくなることを願うばかりです。

こんな記事も読まれています

最後に【驚きの展開】が!?じっくり信頼を得る重要さを改めて実感する保護活動

2度の幸運に恵まれた野良犬 無事保護された後に癌が発覚し…