「極端に人間を怖がる子猫」時間をかけて信頼関係を構築していくことを試みる

感動

ある日、『Kitten Rescue Life』の創設者であるアマンダさんに、1枚の子猫の写真が送られてきました。信頼の置けるシェルターからの写真だったのですが、どうやらこの子猫は生後4週という生まれたばかりにも関わらず、人間に対して極端に恐怖心を持っていると言うのです。

極端に人間を怖がる子猫を引き取ることに

ある日、アマンダさんの元に信頼の置けるシェルターから1まの写真が届きました。そこには可愛らしくもどこか怯えている様子の子猫の写真が。保護された子猫だというのですが、極端に人間を怖がっているというのです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kitten Rescue Life(@kittenrescuelife)がシェアした投稿

まるで人間を避けるかのように物陰に隠れようとする子猫。推定で生後4週間ほどだと言いますが、いったいその4週間の間に何があったのでしょう。

単純に人と接触していなかった為に人間に対して不信感を持っているという可能性もありますが、他の保護猫とは上手く関係を構築しているというので、なぜこんなにも人間い対してだけ拒否感を見せているのかわからないと言います。

そんな子猫を見て、アマンダさんは安心して暮らせる家と愛してくれる家族を見つけてあげたいという思いが募り、一時的に引き取り里親探しまでお世話することを決意したと言います。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kitten Rescue Life(@kittenrescuelife)がシェアした投稿

「ビーンズ」と名付けられた子猫に、アマンダさんは「どうやって信頼関係を築いていこう」と頭を悩ませます。そんな時、ビーンズが尻尾をしゃぶる癖を持っていることに気づいたと言います。

尻尾を夢中でしゃぶる癖は、猫や犬にとってストレスなどを感じており、少しでも気持ちを落ち着かせようとする時に見せる行動です。もしかすると、やはり生後4週間で人間から怖い思いをさせられたのかもしれません。

信頼関係構築に向けて一歩ずつ頑張るアマンダさん

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kitten Rescue Life(@kittenrescuelife)がシェアした投稿

他の保護猫たちとは仲良く遊んでくれるビーンズ。しかし、やはり人間に対しては不信感を拭えないのか、なかなか簡単には信頼してもらえません。

しかし、諦めずに少しずつ声をかけてみたり、近くに行き触れ合ってみたりしていたところ、少しずつ人にも慣れてきたのだと言います。

ようやく人間が信頼できる相手であると認識できるようになったビーンズは、アマンダさんを怖がることなく、むしろ甘えるような仕草すら見せてくれるようになりました!

ここまでくれば里親探しを開始することができます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kitten Rescue Life(@kittenrescuelife)がシェアした投稿

里親探しを始めようと譲渡会に参加したアマンダさんとビーンズ。しかし、多くの人が近寄ってくることに恐怖を感じてしまったのでしょうか。ビーンズは他の人に触られることを拒否する姿勢を見せました。

やはり触らせてくれたり甘えたりするような仕草を見せる猫は次々と里親が決まっていき、人間に対して心を開いていない様子を見せるビーンズは、なかなか引き取り手が現れません。

この時、ビーンズはアマンダさんに引きとられて半年が過ぎており、生後7ヶ月になっていました。そのため、譲渡会にはビーンズよりも若い月齢の子猫も多くおり、より不利な状況になっていたと言います。

その後

「このまま引き取り手が見つからなければ私が引き取ろう」とアマンダさんが考えていた時、とうとうビーンズの新しい家族が見つかったのです!新しい飼い主さんは、すでに2匹の猫と暮らしているベテランさん。ビーンズも安心してお任せすることができます。

しかし、アマンダさんは半年間も一緒に暮らしていたビーンズに愛着が湧いていたようで、新しい飼い主さんに引き渡した帰り道、つい泣いてしまったと言います。しかし、保護活動において、新しい猫を保護するため、引き取り手が見つかった猫を手放すことは必要なのだそう。

ちょっぴり辛くて切ないお別れとなってしまいましたが、現在、ビーンズは先住猫である2匹の猫さんたちと一緒に幸せそうに暮らしているのだと言います。

https://www.instagram.com/kittenrescuelife/

※こちらの記事は情報掲載元の団体より許可を得て掲載しております。
団体名:KITTEN RESCUE LIFE

こんな記事も読まれています

嫌がる子猫のために自分も『エリザベスカラー』をつけた飼い主さんに感動

”未熟児”の子猫は生後2週間で重篤状態に。医師の予想に反して回復

Comment