「新しい犬を飼ったからソイツはいらない」片目を失った上に飼い主から捨てられた犬は路上生活をしていた

感動

保護団体『HOPE FOR PAWS』の元に、片目を負傷した犬が路上で生活をしているという連絡がありました。通報者の飼っている犬の協力で保護するとその犬にはマイクロチップが装着してありましたが…飼い主からは「いらない」と言われてしまったのです。

人懐っこく犬懐っこい犬『パイレート』

通報してくれたのは、ピットブルの『ブルー』の飼い主さんでした。自宅の敷地内にいる姿を見つけ、『HOPE FOR PAWS』に保護を依頼したのです。

出典:https://youtu.be/JvwCMy2km30

片目を負傷した犬はブルーに懐いているようなので、ブルーに協力してもらい保護を試みます。

ブルーの後をついて歩いたり、ブルーにピッタリとくっついたり、犬にとってブルーは安心できる存在なのかもしれません。

出典:https://youtu.be/JvwCMy2km30

犬の首にリードをかけると犬は暴れますが、ブルーは犬をなだめるようにずっとそばで見守ります。

隣家の犬たちも何の騒ぎかと柵越しに見つめ…

出典:https://youtu.be/JvwCMy2km30

犬は片目を負傷しているため『パイレート』と名前が付けられました。

リードをかけてしまった後は落ち着きを取り戻し、撫でられることにも抵抗しません。

衝撃の事実が発覚

パイレートの首にはマイクロチップ装着されており、きちんと登録もされていたのですぐに飼い主が判明しました。

しかし、連絡を受けた飼い主の口からは信じられない言葉が…!

「すでに新しい犬を飼っているから、その犬はもういらない」

そんな飼い主の元を離れて良かった。HOPE FOR PAWSのスタッフはパイレートに今までの飼い主よりも素敵な家族を見つけてあげると約束します。

出典:https://youtu.be/JvwCMy2km30

パイレートの目の負傷は深刻で回復の見込みも望めないことから、眼球の摘出手術をすることになりました。

入院中もしっぽを振るほど、とても愛らしい姿を見せてくれています。

そして、回復したパイレートは一時預かりの施設に入りました。

新たな犬生のスタート

出典:https://youtu.be/JvwCMy2km30

パイレートとの約束通り、パイレートには素敵な家族が見つかりました。嬉しいことに、わんこさんの仲間もいます。

幸せいっぱいで楽しそうに遊ぶパイレートの姿に安堵せずにはいられません。

Hope for Paws

▼▼ 公式サイトはこちら ▼▼
https://www.HopeForPaws.org

▼▼ Facebookページもあります ▼▼
https://www.facebook.com/HopeForPawsCalifornia

こんな記事も読まれています

紛争が続くパレスチナで出会った優しい光景。猫に自分の朝食を分け与える小さな子ども♡

【感動】孤児になった「ラブラドールの子犬たち」代理母はコーギー犬

Comment