【感動】末期がんになった「スパークル」は通行人にかわいがられながら余生を過ごす

感動

社交的で人々に愛される犬スパークルはがんで余命わずか。飼い主は立て札をたてて状況を説明し、スパークルをやさしくなでてもらうよう通行人に呼びかけました。これをツイッターで知った人々は涙を抑えきれません。

社交的な愛犬が末期がんに

末期がんの犬が自宅の前に座って、通りがかる人々からやさしくなでてもらうのを楽しみにしています。

このことを知ったツイッター利用者たちは、とても感銘を受けました。だって人間にとって犬は家族の大事な一員なのですから。

出典:https://www.dailystar.co.uk/real-life/dog-cancer-sits-outside-house-25438776

末期がんを患ってはいても、11歳のスパークルは落ち込んだりしません。この犬はマサチューセッツ州にあるこの町ではよく知られていて、とても社交的な性格なのです。

よく前庭に座って、近所の人々に愛想たっぷりでうれしそうにあいさつしてきました。でも病気になってからは元気がなく、自分から人々に近づいていくのが難しくなりました。

Comment