”片目が開かない”衰弱した子猫たちを保護。そして【悲しい結末】を迎えることに…

悲しい

彷徨っていたのは生後4週間の子猫の兄妹でした。衰弱し、片目は開かずに猫風邪も進行…。このままでは命の危機がありました。果たして子猫たちの運命は…?

衰弱しきっていた子猫たちの保護

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kitten Rescue Life(@kittenrescuelife)がシェアした投稿

母猫とはぐれてしまったのか、道端を彷徨っているところを一時的にシェルターで保護されたのは、生後4週間ほどの子猫の兄妹でした。

兄は『エッグ』、妹は『メープル』と名付けられますが、2匹ともかなり衰弱しており、片目を開けることができません。更に猫風邪もかなり進行しており、早急な治療が必要な状態です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kitten Rescue Life(@kittenrescuelife)がシェアした投稿

保護団体『Kitten Rescue Life』の創設者であるアマンダさんはエッグとメープルのことを知ると、何とか助けてあげたいとシェルターから引き取ることを決断します。

エッグとメープルの片目が開かなかったのは、感染症による炎症であることがわかりました。

目薬で治療を行いますが、いくら続けても回復の兆しが見えません。

24時間気の抜けない状態の2匹

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kitten Rescue Life(@kittenrescuelife)がシェアした投稿

アマンダさんはエッグとメープルに献身的なケアを行います。

2匹は猫風邪によって鼻詰まりがひどく、呼吸が難しい状態でした。アマンダさんは怖くて眠ることもできず、10分おきに息をしているかどうか確認したと言います。

エッグが天使に…

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kitten Rescue Life(@kittenrescuelife)がシェアした投稿

獣医師もアマンダさんも、出来る限りのことはしていました。

しかし、エッグには病気と闘う力が残っておらず天使となってしまったのです。

特別な絆を感じていたアマンダさんにとって、エッグを失ったショックはとても大きく、失意に打ちのめされ、エッグに謝罪の言葉を述べています。

「何もしてあげられなくてごめんなさい。色々してあげたかった。新しい家族のもとで、あなたが成長した姿を見たかった。あなたのことは一生忘れないわ…」と。

回復に向かうメープル

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kitten Rescue Life(@kittenrescuelife)がシェアした投稿


エッグが天使になってしまい、一人残されたメープル…。

アマンダさんは献身的なケアを続け、メープルは徐々に回復の兆しが見え始めます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kitten Rescue Life(@kittenrescuelife)がシェアした投稿

メープルは保護された当初、体重が300gもありませんでした。それが今では900gを超え、お腹もぽっちゃりとして、起き上がる時には勢いをつけないといけないまでに…!

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kitten Rescue Life(@kittenrescuelife)がシェアした投稿

どんどん元気になっていくメープルは、先輩猫たちと一緒に走り回ったり、ちょっかいを出して従わせたりもしています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kitten Rescue Life(@kittenrescuelife)がシェアした投稿

メープルの鼻の詰まりはまだ残っていましたが、獣医師からはもう心配はいらないと言われるまでに回復しました。

目の感染症においては、再発を防止するために今後眼球摘出手術が行われる予定です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kitten Rescue Life(@kittenrescuelife)がシェアした投稿

元気になったメープルは愛嬌たっぷり!

エッグの分まで幸せになってほしいですね。

こんな記事も読まれています

【悲報】大事に育てた蝶を庭に放った直後…愛犬がパクリと食べた!少年は大ショック

劣悪な環境にいる『200匹のペットたち』を救え!大規模なネグレクト案件を摘発

Comment