ネグレクトを受け2年間もベッドの下で暮らしていた犬。「毛のかたまり」がキュートで幸せな犬に大変身!

感動

重い毛を剃り自由になった犬

SPCAはただちにこの犬を保護し、からまった毛を剃り、爪を切って体の状態を調べることにしました。麻酔を使って数時間かけて毛を取り除いたのです。

出典:https://www.top13.net/dog-spent-2-years-under-bed-change/

体に重く不愉快にからまっていた毛がなくなると、ライオンハートはほっとしたようで、愛らしくふるまうようになったのです。これもすぐに対応してくれたSPCAのみなさんのおかげですね。

ライオンハートは活動的でいきいきとした愛らしい犬へと大変身を遂げました。まったく別の犬のようです。この輝く目をご覧ください!

「幸いにも、ライオンハートにはすてきな飼い主ができました。これからも長く幸せに暮らしてくださいね」とSPCAはコメントしています。

大変身ぶりを見れる動画がこちらです。

ビデオ内の説明

「4月に保護されてきたのは、これまででもっとも衝撃的なネグレクトの事例でした。もつれ毛だらけで糞や尿にまみれた姿は、まるで犬とは思えぬほど悲惨なものでした。ひどくもつれた毛が邪魔で、食べることも飲むことも、歩くことさえできないほどでした。全身にからまった毛を取り除くために、麻酔をかけなければなりませんでした。数時間かかって毛を剃ったあとで、やっと本来の犬の姿が現れてきました。医療チームが皮膚の傷を消毒し、爪を切り、今後の治療方針を決めるため診察をしました」

「重くからまっていた毛を取り除いてもらうと、ライオンハートの本来の個性も出てくるようになりました。最近テレビニュースで取り上げられたときの写真がこちらです。生き生きして活力に満ち、愛らしい姿でしょう?うれしいことに、この犬には愛情を注いでくれる飼い主が見つかりました。これからは長く幸せに過ごしてほしいものです」

出典:https://www.top13.net/dog-spent-2-years-under-bed-change/

こんな記事も読まれています

【ごめんください】『にゃおー』と聞こえドアを開けるとそこには小さな子猫が!幸せを自らの手で掴みとった『ケラ』

高速道路に子猫!?保護団体が超危険な状況から子猫の救助活動を決行

Comment