路上生活を送るフレンドリーな犬を保護。彼が求めていたのは人の温もりだった

感動

保護団体『HOPE FOR PAWS』の元に、数週間路上生活を送っている犬の保護依頼がありました。近所の住民たちによって食べものをもらっていたフレンドリー犬。求めていたのは人の温もりでした。

フレンドリーで愛らしい犬の保護

柵の向こうにいる犬

出典:https://www.youtube.com/watch?v=Vvvb6Ch8E0k

何週間もの間、路上で暮らしていた犬は近所の住民たちによって食べるものをもらっていました。

その日は、ある家の敷地に入り込み、その家の飼い犬と遊んでいるうちに出られなくなってしまったようです。

撫でられる犬

出典:https://www.youtube.com/watch?v=Vvvb6Ch8E0k

とても人馴れしているようで、スタッフの姿を見ても怯えることなく撫でさせてくれます。

フレンドリーな犬

出典:https://www.youtube.com/watch?v=Vvvb6Ch8E0k

とても暑い日だったため、水をあげると戸惑うことなく水を飲み始めました。

その隙にリードをかけ、家の住人に門を開けてもらいます。

車に乗る犬

出典:https://www.youtube.com/watch?v=Vvvb6Ch8E0k

車のドアを開けると、犬は進んで車に乗り込みました。

リラックスしている犬

出典:https://www.youtube.com/watch?v=Vvvb6Ch8E0k

スタッフの足の上にあごを乗せ、とてもリラックスしているよう。

撫でられているうちにそのまま眠ってしまいました。

みんなに優しくされてもらっていたとはいえ、本当はこうして誰かに思う存分甘えたかったのかもしれません。

一時預かりさんの家で里親さんを待つ『サム』

笑顔の犬

出典:https://www.youtube.com/watch?v=Vvvb6Ch8E0k

犬は『サム』と名付けられました。推定1歳半であることが分かったサムは、数日中に去勢手術やワクチン接種、マイクロチップの装着が行われることに。

サムは一時預かりさんの家で里親さんを待つことになります。

初めて一時預かりさんの家に行った日にもこの笑顔。

サムにどんな過去があったのかは誰にもわかりませんが、これから幸せになってほしいですね。

一時預かりさんの家でリラックスして過ごすサムの様子は動画で見ることができます。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
掲載YouTubeチャンネル:Hope For Paws – Official Rescue Channel

Hope for Paws

▼▼ 公式サイトはこちら ▼▼
https://www.HopeForPaws.org

▼▼ Facebookページもあります ▼▼
https://www.facebook.com/HopeForPawsCalifornia

こんな記事も読まれています

ママ猫の授乳をお手伝い?パパ猫さんは優しく「フミフミマッサージ」ほっこり♡

猫の忍耐力に感動!赤ちゃんのナデナデ肉球ぷにぷに攻撃も許す