片目がカサブタで覆われた「瀕死の子猫」は多くの人の手によって幸せを掴んだ!

感動

猫の保護活動を行う『NPOくすのき』さんの元にやってきたのは、両目を晴らし、右目はカサブタで完全に塞がれていた子猫でした。自力でごはんを食べることもできない子猫の命を救う…!

ぐったりしていたところを宅配便の人に助けられる

両目の腫れている子猫

出典:https://www.instagram.com/p/B0yJE3DHZRy/

真夏の暑い日。宅配便を配達している途中で道端にぐったりとしてうずくまる子猫を発見した男性は、すぐに動物病院に連れて行ってくれました。

連絡を受けて動物病院に向かったスタッフは、子猫の状態に啞然…。

子猫の両眼は腫れあがり、右目はかさぶたによって完全に塞がっていました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

NPOくすのき(@atami_kusunoki)がシェアした投稿

獣医師によると、感染症による目ヤニやタンパク質が眼球に付着することでカサブタが肥大し、カサブタによって眼球が圧迫されると徐々に眼球自体がなくなってしまい、この子猫の眼球はすでにないことがわかりました。

自力でごはんを食べる力すらない子猫に、シリンジでミルクを与えて命を繋ぐことに。

献身的なケアによって徐々に回復

 

この投稿をInstagramで見る

 

NPOくすのき(@atami_kusunoki)がシェアした投稿

子猫を救うために献身的なケアが行われ、一時は生きるか死ぬかを彷徨っていた子猫は徐々に回復の兆しを見せてくれます。

腫れあがっていた両目も落ち着き、自力でごはんを食べれるようになるまでに。

子猫は『桜王(ハルオウ)』と名付けられ、見違えるほど綺麗になりました。

ごはんを食べる猫

出典:https://twitter.com/atami_kusunoki/status/1169971865529380869?s=20

食欲も旺盛で、しっかりごはんを食べて、よく遊び、よく眠る…。もうここまでくれば安心ですね。

譲渡会の参加を計画

丸くなる猫

出典:https://twitter.com/atami_kusunoki/status/1167415087360987136?s=20

子猫のうちに里親さんを探してあげようと譲渡会の参加を計画されていた桜王(ハルオウ)くんですが、思うように体調が安定せず、なかなか譲渡会に参加することができずにいました。

車に乗ることも苦手で、どんなに短い時間であっても鳴き続けてしまうことから、ストレスの負担を考えて近場で譲渡会が行われることを待ちます。

幸せを掴んだ桜王(ハルオウ)くん

片目の猫

出典:https://www.instagram.com/p/B8bQR11Ayn9/

待ちに待った譲渡会で、桜王(ハルオウ)くんはすぐに里親希望の人に巡り会うことができました。

トライアルを経て正式に譲渡となり、これから幸せな猫生を送ることになります。

瀕死の状態で片目も失った桜王(ハルオウ)くんですが、永遠の家族がみつかり本当に良かった。

桜王(ハルオウ)くん、幸せに暮らしてね!

※こちらの記事は情報掲載元の団体より許可を得て掲載しております。
団体名:NPOくすのき

NPOくすのき

▼▼ 公式ホームページはこちら ▼▼
https://npo-kusunoki.life/

▼▼ 公式ツイッターはこちら ▼▼
https://twitter.com/atami_kusunoki

こんな記事も読まれています

犬に頭を咬まれて顔面骨折した子猫。保護団体による懸命なケアが行われる

野良猫カップルがアパートに現われたその理由「家の中で、お産させて」子猫7匹が誕生♡