罠から逃げるため『自分で足を嚙み切ろうとした』寸前のナマケグマを救助成功

悲しい

ナマケグマのミリーはスネアトラップというくくり罠にかかり、逃げるために自分の前足を嚙み切る寸前で助けられた。動物保護団体は残酷なスネアトラップの使用を強く非難している。

罠にかかったナマケグマのミリー

※警告※

ショッキングな写真が出てきます

動物保護団体は森の中でぐったりしていたナマケグマの姿にショックを受け、スネアトラップを「野生動物に対する最も残酷な、人間が作った脅威」として強く非難しています。

出典: https://www.dailystar.co.uk/news/world-news/trapped-sloth-bear-nearly-chews-25437833

保護ボランティアたちには今はミリーと呼ばれているナマケグマは、西インドのカルナタカの森林近くで足の周りに罠をつけて苦しんでいるのを発見されました。罠は農民が置いていった疑いが濃厚です。

ミリーは鎮静剤を与えられアルン・アシャ博士に診察を受けた後に、バネルガッタ熊レスキューセンターで治療を受けています。ミリーは、右前足に固く巻き付いていたスネアトラップが原因で細菌性感染症になり、壊疽性の怪我を負い、獣医たちはその怪我を洗浄して手当をしました。

出典: https://www.dailystar.co.uk/news/world-news/trapped-sloth-bear-nearly-chews-25437833

スネアトラップはインドでは農民や密猟者によって、作物を荒らす象のような大きな動物を罠にかけるためや獲物を食料として売るために広く使われています。

ミリーの酷い怪我の写真を見ると「野生動物に対する最も残酷な、人間が作った脅威」によって起こされた身震いするような被害がわかります。

Comment