洞窟の中に大勢の子犬が!?狭い穴に入り込んでの決死の救助活動!!

洞窟から顔を出す子犬たち 感動

ある日、保護団体『Hope For Paws』の元に「洞窟の中に子犬がたくさんいる…でも母親の姿が見当たらない」という通報が入りました。どうやら何らかの理由により、母親に取り残されてしまった多くの子犬たちが洞窟にいる様子。決死の救出劇が幕を開けます。

洞窟の中に取り残されたのは大勢の子犬たち

洞窟から顔を出す子犬たち

出典:https://www.youtube.com/watch?v=Q6At7vqiA_A

Hope For Pawsが救出するのは、洞窟に取り残された子犬たち。その数、総勢…とにかくたくさん!実際に訪れてみると、小さくて狭い洞窟の中から、大勢の子犬たちが心配そうにこちらの様子を伺っていました。

チーズバーガーを使っておびき寄せる作戦

まずはチーズバーガーを使って子犬たちを洞窟の外へとおびき寄せる作戦です。なにせ洞窟はとにかく狭い!大人がこの洞窟の中に入るのは無理だと判断されたからです。

チーズバーガーを小さくちぎってポンと投げ入れると、続々と子犬たちが現れ始めました。え…何匹いるの!?まさかこんなに大勢の子犬が取り残されているとは…。

可愛らしい顔をした子犬たちが、ちょっぴり戸惑い気味に…でもお腹が空いていたのでしょう、グイグイと我先にとチーズバーガーに食いついています。愛らしいですね。チーズバーガーに夢中になっている子犬を撫でると、スリスリと軽く顔を摺り寄せるような仕草も♡

1匹目を保護

出典:https://www.youtube.com/watch?v=Q6At7vqiA_A

これを見て、メンバーのリサさんは保護できると感じたようです。スッと自然な動作でお腹の下に手を入れ、まずは1匹の子犬を抱き上げ保護しました!素晴らしい!

洞窟に入る

出典:https://www.youtube.com/watch?v=Q6At7vqiA_A

しかし、後の子犬たちは何かに怯えるように突如悲鳴を上げ、洞窟の奥へと入っていってしまいました。仲間が1匹連れて行かれたことに怖くなってしまったのか、それとも他の要因があったのか…これでは保護が困難になってしまいます。

そこで、保護団体代表のエルダッドさん、なんと小さく狭い洞窟の中に体を差し込み、保護に取り掛かることを決意したのです!見てください、この狭い洞窟を!額に汗をかきながらどうにか手を伸ばして子犬を保護しようとする姿…脱帽です。

しばらくロングワイヤーを使い格闘し、ようやく1匹の子犬にワイヤーの輪っか部分が引っかかりました!ここは少々強引ですが、力技で引っ張り出すしかありません。これでようやく少々ヤンチャな2匹目の保護が完了しました。

その後も3匹目、4匹目と保護が完了しました。彼らはひどく怯えた様子で鳴き声を上げているのですが、それもそのはず。この日、初めて人間に触れられたのですから。

しかし、他にもいたはずの子犬たちは、より奥へと入っていってしまったようです。ざっと見て、この時点で6〜12匹ほどの子犬がいると推測されていました。

穴を掘り洞窟を広げることで保護

9匹の子犬

出典:https://www.youtube.com/watch?v=Q6At7vqiA_A

穴の奥へと入っていってしまった子犬たちも保護する必要があります。そこで、Hope For Pawsのメンバーはこの洞窟の穴を少し掘り、穴を広げることで入り込もうと計画したのです。なんて根性!

慎重に穴を掘り進め、穴が広がったところで再度、エルダッドさんが体を差し込みます。そして奥から1匹、2匹と次々に子犬を保護していきます。この時点で、少しずつ日が暮れてきているのがわかります。

そして最終的に9匹の子犬の保護が完了しました!本当にお疲れ様です。この頃にはすでに空は暗くなり始めていましたが、完全に日が暮れる前に終わることができたとのこと。

ちなみに、お母さん犬の姿が見当たらないため、親犬の捜索も続行するようです。

葬儀に参列していた友人を偲んで

9匹の子犬と名前

出典:https://www.youtube.com/watch?v=Q6At7vqiA_A

実は今回の保護依頼は、保護活動に従事していた友人が亡くなり、その友人の葬儀に参列していた最中に飛び込んできたと言います。

そのため、今回保護された子犬たちには、保護活動に従事していた彼女を偲び、彼女の名前から1文字ずつアルファベットを取り名前がつけられました。

その後

子犬たちと代理母

出典:https://www.youtube.com/watch?v=Q6At7vqiA_A

保護された子犬たちは大きな怪我や病気は見つからなかったようで、施設に到着した後は綺麗にケアしてもらい、みんなでスヤスヤと仲良く眠り、ごはんも食べていました!

また、次の日には、以前Hope For Pawsで保護された優しい保護犬「オリーブ」を代理お母さんとして子犬たちに紹介したところ、みんなとてもよく懐いていたようです♪これからますます成長が楽しみですね!

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
掲載YouTubeチャンネル:Hope For Paws – Official Rescue Channel

Hope For Paws

▼▼ 公式サイトはこちら ▼▼
https://www.HopeForPaws.org

▼▼ Facebookページもあります ▼▼
https://www.facebook.com/HopeForPawsCalifornia

こんな記事も読まれています

ママを亡くした4匹の子猫は『人間のお母さん』の元でスクスク成長中

『ついてきて!』子猫の場所まで誘導してくれた野良のママ猫と信頼関係を結ぶまで

洞窟から顔を出す子犬たち

Comment