警戒心の強い犬を2日かけて保護!そして元の飼い主も見つけるも引き取りを拒否されるという事態に

感動

高速道路脇の茂みで1匹孤独に棲みつく犬の保護依頼が舞い込んできました。早速保護団体『Hope For Paws』が駆けつけると、警戒心の強い野良犬を発見!しかし、その犬はとんでもなく暴れる保護が困難な犬でした…。

警戒心MAX!暴れ犬の保護に苦戦

保護団体『Hope For Paws』の元に「高速道路脇の茂みに犬がいる」との通報が入りました。たしかに、そのまま放っておいてたら危険です。早速その犬を保護しに現場へと向かいます。

1日目

たしかにいました…。ジーッとこちらを見ており、すでにメンバーの存在に気づいていることが窺えます。

遠くから見つめる犬

出典:https://www.youtube.com/watch?v=q8WKLSfD-CQ

とりあえず様子を見ようと近くまで行ってみると、「ワンワンワンワン!」と激しい威嚇吠えをする犬。どうやら人間に対して警戒心を強く持っているようです。

食べ物を差し出しても全く見向きもせずに吠え続ける犬…そしてそのままどこかへと走り去っていってしまいました。

その後、1時間ほど辺りを捜索しましたが、ここは彼女のテリトリーです。なかなか姿を見つけることはできず、この日は断念することに。かなり人間に対して怯えている様子だったため、保護は難航するだろうと予測されました。

2日後に再チャレンジ

出典:https://www.youtube.com/watch?v=q8WKLSfD-CQ

2日後、ようやく犬が再び姿を見せたことが確認されたため、エルダッドさんは同じ保護団体のメンバー・ロレータさんと保護のための計画を立てます。前回逃げた彼女のルートを確認し、現れたところを保護する作戦です。ただし、彼女のテリトリーは広いため、簡単には行かないだろうと覚悟を決めて臨むことに。

二手に分かれて捜索をしていると、いました。ロレータさんが犬を発見し、そーっと近づいていきます。しかし、そんなロレータさんに驚いたのか、犬はそのままエルダッドさんのいる方向へと逃げてきたのです!

出典:https://www.youtube.com/watch?v=q8WKLSfD-CQ

ここでエルダッドさん、なんと驚異の動体視力と素早いスキルで、首にワイヤーリードを引っ掛け捕まえることに成功しました!お見事です!

しかし、その後も恐怖心と警戒心から辺りを走り回るなどして暴れる犬。「大丈夫よ」と優しく声をかけ続け、ゆっくりと落ち着かせることに…。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=q8WKLSfD-CQ

時々トラックの大きな音にびっくりすることはあるものの、少しずつ落ち着きを取り戻してきました。どうやらかなりお腹を空かせているようで、ロレータさんが食べ物を差し出すとパクパクと美味しそうに頬張っています。

そしてロレータさんが優しく撫でると、スルッと柔らかいリードへと頭を通し、リードを装着させてくれました♪落ち着いてから撫でさせてくれる様子を見ると、元々人間に恐怖心を持っていたわけではなさそうです。

「花子」の態度が一変!

大人しく隣を歩く犬

出典:https://www.youtube.com/watch?v=q8WKLSfD-CQ

その後、保護された彼女は「花子」と名付けられました。実はこの名前、ロレータさんの最近亡くなった愛犬と同じ名前だと言います。

施設へと移動するために、その場を離れることになったエルダッドさんとロレータさん、そして花子。花子は時折、寂しそうに自分が棲みついていた場所を振り返る様子を見せていました。きっと花子にとって愛着が湧いていたのでしょう。

車に乗り込む花子

出典:https://www.youtube.com/watch?v=q8WKLSfD-CQ

車まで行くと、車に乗り込むロレータさんに続くように、なんと花子自ら車へと乗ったのです!これにはロレータさんは大笑い、エルダッドさんは「嘘だろ…」と思わず口に出しています(笑)

先ほどあれほど暴れまわっていた犬は何処へやら。こんなにも短時間で態度が一変するなんて!きっと花子は、ロレータさんとエルダッドさんが自分にとって良い人であることを認識したのでしょう。

女性に懐く犬

出典:https://www.youtube.com/watch?v=q8WKLSfD-CQ

しかも車へ乗った後の花子の甘えっぷりと言ったら!ロレータさんのことが大好きなのか、ロレータさんに抱きつくように甘えています♡その可愛さに、再びロレータさんは大爆笑!

マイクロチップから本当の飼い主が判明!しかし…

花子

出典:https://www.youtube.com/watch?v=q8WKLSfD-CQ

帰りの車内で花子にスキャナを当ててみると、なんとマイクロチップが埋め込まれていることがわかりました。早速、マイクロチップの情報から本当の花子の飼い主を見つけたのですが、残念ながら、飼い主は花子を引き取る気はないとのこと…。

どうやら花子は、以前その飼い主に無断で他の人へと引き渡されていたようで、さらにその新しい飼い主も花子を手放してしまうという悲惨な経験を送っていたようです。人間に対してあれほど不信感を抱いていたのも頷けます。

マイクロチップに登録されていた飼い主は、手放すことを容認する書類に署名をし、花子は『Hope For Paws』に引き渡されることになりました。なんとも残念な結果です。

しかし、花子はそんなことお構いなし!今、ロレータさんやエルダッドさんに可愛がられていること、そして温かい場所でのんびりと過ごせている幸せを噛み締めている様子です♪

その後

抱きしめられる花子

出典:https://www.youtube.com/watch?v=q8WKLSfD-CQ

その後、Hope For Pawsと連携を取っている保護団体が一時的に花子を預かってくれることになり、そこで里親探しをしてもらえることになりました。

さらに2ヶ月後、花子にとって嬉しいニュースが!なんと素敵なご家族が花子を引き取ってくれることになったのです。今ではとても幸せそうに暮らしている花子をぜひ動画でご覧ください♪

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
掲載YouTubeチャンネル:Hope For Paws – Official Rescue Channel

Hope For Paws

▼▼ 公式サイトはこちら ▼▼
https://www.HopeForPaws.org

▼▼ Facebookページもあります ▼▼
https://www.facebook.com/HopeForPawsCalifornia

こんな記事も読まれています

盲目の「幼い犬」を優しく誘導してあげる「お兄ちゃん犬」の優しさに【感動】

「この人たちは良い人だ」痛みで動けなかった犬はレスキュー団体の気持ちを察した