『ボクがお母さん代わりになるよ!』ひとりぼっちの子猫は大きな大きな親友と永遠のお家を手に入れました

ラブラドールと子猫 かわいい
@pollyandpax
スポンサーリンク

ひとりぼっちで発見された子猫は、大きな大きな親友を手に入れ美しく凛々しい猫へと成長を遂げました。

農場の外から聞こえた子猫の声

4本足の5人の友人と共に暮らすモーガンさんは、ある日農場の外で子猫の鳴き声を聞きました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Polly And Paxton(@pollyandpax)がシェアした投稿

当時の状況についてモーガンさんは、

”私たちは鳴き声の主を呼ぼうとしましたが、農場の裏にある木の厚い層によって彼女を見つけることができませんでした。

そこで大きな猫の1匹を彼女が鳴いているところに連れて行きました。彼はすぐに小さな木の切り株の中にいた子猫を見つけました。”

と、語っています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Polly And Paxton(@pollyandpax)がシェアした投稿


モーガンさんは、まずこの小さな子猫の母親が戻ってくるのかどうかを知る必要があると判断し、遠くから監視することに。しかし、暗くなると出てくるキツネのことを懸念していました。そして子猫を保護することを決断したのです。

保護された子猫はまだ目も開いておらず、その体はノミに覆われていたといいます。モーガンさんはすぐに彼女の体を洗い、ノミをすべて取り除き、そして『polly(ポリー)』という名前をプレゼントしました。

子猫の世話役を買って出た大きな友人

保護されて間もない子猫の声を聞きつけ、世話役を買って出たのは12歳の愛犬『Paxton(パクストン)、愛称pax(パックス)』でした。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Polly And Paxton(@pollyandpax)がシェアした投稿


優しい巨人はすぐに子猫を連れていき、お世話をはじめたといいます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Polly And Paxton(@pollyandpax)がシェアした投稿


それからポリーが離乳するまでの数週間、ポリーの食事の時間になればパックスは辛抱強く彼女の食事が終わるのを待ち、食事を終えたと同時に駆け寄り清掃業務に勤めたといいます。

”彼女が自分で体をキレイにする前に、パックスはすべてのミルクを彼女から洗い流していた。”

とモーガンさん。幸運な子猫は、もう片時もひとりぼっちになることはありません。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Polly And Paxton(@pollyandpax)がシェアした投稿

孤児の子猫はいたずら好きの美しい猫へと成長

 

この投稿をInstagramで見る

 

Polly And Paxton(@pollyandpax)がシェアした投稿

切り株のなかで発見された子猫は、いたずら好きで甘えん坊な美しい猫へと成長しました。遊ぶ時も眠る時もポリーの側には必ずパックスがいて、彼らの絆はより一層強いものとなっています。

現在、ポリーは生後約5ヶ月、パックスは13歳近くだそうです。彼らの幸せで甘い時間ができるだけ長くそこにありますように…。

このストーリーに寄せられたコメント

・なんて甘く素敵なストーリー!共有してくれてありがとう!

・なんて優しい犬。ポリーは幸せ者ね!

・彼らの絆、友情は永遠!パックス、長生きしてね!

・彼女をすぐに助けてくれたあなた方に感謝!

・あれだけ小さな子猫がこんなに美しく…大切にされているんだね。

ラブラドールと子猫

Comment

  1. 久美子さん

    優しい犬 うちにも いるよ猫育てた犬