感染症で左目を失った子猫…それでも素敵な里親さんに出会えて元気いっぱい!

子猫のアップ 感動
出典:https://www.youtube.com/watch?v=UbHUBdnAFk4

RSPCAの南オーストラリア支部が保護したのは、感染症を患い、左目がひどい潰瘍で開かなくなってしまった子猫でした。手術を受けて回復した後、トレバーには素敵な出会いが待っていたのです!

感染症で左目が開かなくなってしまった子猫を保護

左目が閉じている猫

出典:https://www.youtube.com/watch?v=UbHUBdnAFk4

RSPCAは左目が潰瘍で開かなくなってしまった子猫を保護しました。「トレバー」と名付けられたこの子猫は、「猫カリシウイルス感染症」にかかっており、治療されずに放置されていたため、重症化してしまったと考えられます。

「猫カリシウイルス感染症」にかかってしまうと、歯肉炎や口内炎といった症状を発症することが多いのですが、トレバーの場合は目に感染してしまったため、角膜潰瘍を引き起こしたと考えられます。

呼吸器上皮の炎症と肺炎の場合には滲出性から間質性肺炎となる。関節炎の場合は滑膜の肥厚と滑液の増量がある。加えて、慢性の歯肉炎や口内炎からも高頻度にFCVが検出されており、関連が疑われている。

出典:猫カリシウイルス感染症 |猫感染症研究会

手術後も寄り添ってくれた看護師アシュリーさんとの出会い

看護師さんにキスされる子猫

出典:https://www.youtube.com/watch?v=UbHUBdnAFk4

手術を受けることで回復したトレバー。そんなトレバーを見て、手術や術後にも寄り添い続けてくれたアシュリーさんは、里親になる決意をしてくれたのです。

正直、最初はトレバーを家族として迎え入れるとは思っていなかったというアシュリーさん。しかし、回復しつつあるトレバーが計画通り里親募集を開始するため、保護施設へ移されたその日の夜、どうしてもトレバーを手放したくないと思ったのだそう。

こうしてトレバーはアシュリーさんのお家の子となり、現在では驚くほどすばしっこく家中を走り回っているのだとか!左目は閉じたままですが、そんなこと気にさせないほど元気いっぱいなトレバー。アシュリーさんによれば、なんと悪戯っ子な性格なんですって!

最後に

女性と子猫

出典:https://www.youtube.com/watch?v=UbHUBdnAFk4

トレバーは心優しい獣看護師のアシュリーさんに引き取られ、素敵な結末を迎えることができました。アシュリーさんは、保護団体に保護された動物が、治療や回復を経て、永遠のお家となる里親さんの元へ引き取られている過程を見守ることができる今の仕事をとても気に入っているのだと言います。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
掲載YouTubeチャンネル:RSPCA South Australia

RSPCA South Australia

▼ 公式サイトはこちら
https://www.rspcasa.org.au/

▼公式YouTubeはこちら
https://www.youtube.com/channel/UC6-U-NWlpxbj7v5nCSbVPrQ

こんな記事も読まれています

【感動】強盗に遭遇してしまった飼い主!愛犬が犯人に噛みつき命の危機を救う!

シェルターで出会ってすぐ肩に乗ってきた『猫ちゃん』愛おしい♡と話題!

子猫のアップ

Comment