『ここはどこ?』イカツイおじさんが道端で拾った小さな子猫ちゃん。永遠のお家をゲットしハッピーを手に入れる

感動

小さな子猫が、1匹で十字路にいるのを発見し、保護しました。なぜそこにいるのかも、どこへ行けばいいのかも、何もわからない、不安だけを抱えた、小さな命です。

こんなところに赤ちゃん猫が?

この小さな子猫は、単独で十字路をちょこちょこと歩いていました。明らかに母猫から離れる月齢ではありません。

道路にたたずむ子猫

出典:https://www.youtube.com/watch?v=s9aNsL437Us

尻尾をぴんと立てて、近づいてくる巨大な生き物(=救助者)から逃げますが、すぐに所在なさげに座り込みます。怖いけれど、何か頼れるものが必要なのです。

座る子猫

出典:https://www.youtube.com/watch?v=s9aNsL437Us

どちらも同じ哺乳類です。念のため。いかつい+かわいい=めちゃくちゃかわいい!

子猫に近づく人

出典:https://www.youtube.com/watch?v=s9aNsL437Us

もちろん、片手に乗っちゃう…。生後1か月程度の男の子です。右目に感染症が見られます。

てのひらの猫

出典:https://www.youtube.com/watch?v=s9aNsL437Us

一時預かりのお家へ

保護施設から、一時預かり家庭に連れて行くことにしました。名前は「ファビオ」になりました。

かごの猫

出典:https://www.youtube.com/watch?v=s9aNsL437Us

口のまわりをべちゃべちゃにしながらも、ボウルからミルクを飲めました。このぐらいの時期では最初、鼻に入ってフガッフガッとなりがちですよね。おっかなびっくり、上手に舐めているようです。

ミルクを飲む猫

出典:https://www.youtube.com/watch?v=s9aNsL437Us

永遠のお家へ

右目も治療できれいになり、柔らかい固形物も食べられるようになって、いよいよ里親さんに引き取ってもらえる頃合いになりました。ピンク色の鼻先と口元で、前足を踏ん張って座るファビオの姿、きっとあなたの目が喜びますよ!

こんな記事も読まれています

虐待を受けてガリガリに痩せ細った犬クーパー、幸せな犬へと大変貌

『カンガルーのような2本足』で立つ子猫は障害を乗り越え『里親猫』として人生を駆け抜けます

Comment