マンホールの下に子猫が!知らない人同士が子猫を助けるために協力し合う姿に感動

黒猫 感動

下関で動物愛護活動をする『ディ・アンク』さんのスタッフにかかってきた1本の電話。その内容はマンホールの下から子猫の鳴き声が聞こえてくるというものでした。

マンホールの下に子猫が!

連絡をくれた女性は「どうやってマンホールの蓋を開ければいいかわからない」と悩み、アドバイスをもらおうと電話をしたようです。

電話を受けたスタッフはたまたまその現場の近くにいたため、すぐに向かいます。

側溝

出典:https://www.facebook.com/100003923641150/videos/1435288453278596/

現場に駆けつけてみると、マンホールではなく側溝の石蓋がいくつか開けられ、そのうちの1つから子猫が頭を出してキャットフードを食べていました。

話を聞くと、通りがかった男性が開けてくれたとのこと。

女性は近くのお店でキャットフードを買ってきて、子猫に与えていてくれたのです。

「子猫を捕まえようとすると隠れてしまうため、捕まえられなかった」と女性が言うように、子猫は用心してすぐに隠れてしまいます。

包まれている猫

出典:https://www.facebook.com/photo.php?fbid=1435288313278610&set=pcb.1435289129945195&type=3&theater

子猫を捕獲するのか、捕獲した場合その後どうするかなど、さまざまなことがスタッフの頭をよぎります。

連絡をくれた女性は家族の猛反対により猫を飼うことはできないそう。

子猫を保護してもなかなか里親さんが決まらず、収容できる数に限界が出てきてしまうなど、いつもこういった問題にぶち当たるのだとか。

しかし、目の前の子猫を助けられるのは今だけ。

そこで、スタッフが来ていたジャケットを使って捕獲することに決めました。

顔を見せる猫

出典:https://www.facebook.com/photo.php?fbid=1435288356611939&set=pcb.1435289129945195&type=3&theater

子猫は菌を持っていたり病気を患っている可能性があるため、そのまま病院に直行です。

スタッフは連絡をくれた女性にその旨を伝えると…

10000

出典:https://www.facebook.com/photo.php?fbid=1435288399945268&set=pcb.1435289129945195&type=3&theater

女性は「病院行って検査するなら、お金がかかりますね。今これしか持っていませんが、使ってください!」とお財布から1万円札を出して渡してくれました。

たまたま通りかかって子猫の声を聞いた女性。それなのに咄嗟に1万円を渡してくれる気持ちや心意気は凄くありがたかったそうです。

黒猫

出典:https://www.facebook.com/photo.php?fbid=1435324433274998&set=pcb.1435324816608293&type=3&theater

幸いなことに、子猫は感染症にはかかっておらず、ノミダニ寄生虫の駆除をしてもらってスタッフの自宅で預かることに。

まだ生後2ヶ月弱、体重800gの男の子でした。

この後ワクチン接種と去勢手術をして里親探しが始まります。

その後

黒猫

出典:https://www.pet-home.jp/cats/yamaguchi/pn305881/

『ひので』と命名された子猫。当初は里親探しも難航していたようですが、現在は新しい家族の元で幸せに暮らしているようです。

たくさんの人の善意によって幸せを掴むことができて本当に良かった!

いつかすべての犬や猫が安心して幸せに暮らせるようになる日がくるといいですね。

※こちらの記事は動画や画像の撮影・制作・配信をしている団体より許可を得て掲載しております。  掲載団体名:ディ・アンク

ディ・アンク

▼▼ Facebookページはこちら ▼▼
https://www.facebook.com/diankshimonoseki/

▼▼ 里親募集中の情報はこちら ▼▼
※ひのでくんの情報もこちらから!
https://www.pet-home.jp/member/user564895/post/

こんな記事も読まれています

思わずほっこり♡清掃員さんとワンコの友情に胸が熱くなる!

気分はいつまでも『子猫♪』小さい頃から甘え方が変わらない猫さんが可愛い♡と話題!

黒猫

Comment