「ボクはいい子じゃないからまた捨てられたんだ。」そんなメモと一緒に捨てられた老犬

悲しい

英国ケントの小さな町で、「ボクがいい子じゃなかったから、10年飼われたけど捨てられた。」という残酷なメモとともに放置された老犬が、話題になっています。市職員がソーシャルメディアを通じて、情報提供を呼びかけました。幸い、飼い主を辿る事ができ、親族が犬を引き取る事になりそうです。犬のせいにする飼い主の無責任な行動に、人々は心を痛めています。

捨てられた老犬の側に置かれたメモ

理想的な世界では、心敗れた犬なんて一匹もいないはずですね。でも、現実は違います。
英国ケントの、シッティングボーン近郊の町、アップチャーチで起きた出来事に、人々はショックを受けています。老犬がジャスミル・ケンネルの金属柵につながれているのが発見されたからです。

スウェイル区野犬保護センターの職員がこの犬を発見し、フェイスブックに写真をのせて、飼い主を特定しようとしました。

この投稿を見た人々の心を沈ませたのが、飼い主が残したひどいメモ書きです。くしゃくしゃの紙にはこう書かれていました。

「こんにちは。どうか、ぼくを泊めてくれない?
ぼくがいい子じゃなかったから、10年一緒に暮らしてから、飼い主は最初にぼくをみつけた場所に、また捨てることにしたんだ。」

幸いなことに、その後の近況報告では、飼い主とその親族が特定できて、親族は犬をかわいがっているので、彼らのもとに引き取られることになるとのことでした。

親族が新たな飼い主に?

スウェイル区職員で広報マーケティングを担当する、レベッカ・ダートさんはこう話します。

「ここスウェイル区では、捨て犬は珍しい事です。通常、飼い主と協力して事前に手立てを見つけるようにしているからです。幸いな事に、犬は明るく健康な状態でした。14,5歳だと思われますが、この年齢にしてはよい状態です。」

スウェイル区犬保護センターでは、次のような最新情報を投稿しています。

手紙の内容は「次へ」を押してください

Comment