「1週間前から家の中で子猫の声がする」驚愕の状況に急遽レスキュー出動!

感動

RSPCA (英国王立動物虐待防止協会) ニューサウスウェールズの元に「1週間ほど前から家のどこかから猫の鳴き声がする」との連絡が来ました。現場に駆けつけ、依頼を受けた住民の男性と共に家の中を捜索すると、驚きの事実が判明したのです。

子猫の鳴き声を元に捜索すると…衝撃的な状況に

アーニーのアップ

出典:https://www.youtube.com/watch?v=7lJvzdmpxfI

RSPCA (英国王立動物虐待防止協会) のニューサウスウェールズ支部で検査官(調査官)として働くクラウディアさん。この日はある男性から「1週間前から家の中のどこかから子猫の鳴き声が聞こえる」という通報を受けました。

クラウディアさんが駆けつけると、すでに住民男性は子猫の声を頼りにタイルを剥がすなどして捜索を開始していたと言います。そこにクラウディアさんも加わり捜索を開始。

すると、捜索していた場所から1mほど下の場所にある、5cmほどの隙間がある壁と壁の間に、頭だけが引っかかりぶら下がっている状態の子猫が発見されたのです。この状態で1週間ほど助けを求め続けていたのでしょうか…。

この時点で、すでに子猫は弱り切っており、わずかに残された体力と気力で小さく鳴き声を上げるだけしか反応が見られなかったと言います。

救助は困難…消防署に依頼する事態に

アーニーのアップ

出典:https://www.youtube.com/watch?v=7lJvzdmpxfI

救助しようと試みたものの、細い隙間に挟まってしまった子猫の頭は、なかなか抜くことができません。無理に抜こうとしてしまえば、体力もわずかしか残っていない子猫の命が危ぶまれます。

住民男性とクラウディアさんの力だけでは救助が難しいと判断し、消防署に応援を頼むことにしたと言います。状況を説明し、迅速な救助が必要であることを伝えたクラウディアさんの言葉に、消防士さんたちはすぐさま出動してくれたと言います。とても心強いですね!

また、住民の男性も子猫の救助を最優先に考え、家の壁を壊すことに同意してくれました。そのため、消防士さんたちにより壁の一部が取り壊され、その隙間から子猫の頭へと手が届き、少しずつ様子を見ながら隙間を広げつつ、子猫を救助することに成功したのです!

すでにぐったりしており危ない状態だった子猫ですが、すぐに消防車の中で酸素吸入の処置が取られ、一命を取り留めることができました。多くの優しい人々の連携プレーによる素晴らしい救出劇です。

■急いで搬送…奇跡の生還まで

処置を見守る女性

出典:https://www.youtube.com/watch?v=7lJvzdmpxfI

子猫は消防車で酸素吸入の処置が取られた後、すぐにRSPCAの専門獣医のところへと搬送されました。体を綺麗にケアしつつ、水分補給を行い、検査によって体内には問題が見られないことがわかりました。

ウジが湧いてしまっており、肛門からもウジが出入りしてしまっていたようですが、幸い、表面だけだったため、すぐに処置することでことなきを得たようです。

○アーニー…一晩持ち堪えられるか

処置が終わったアーニー

出典:https://www.youtube.com/watch?v=7lJvzdmpxfI

男の子と判明した「アーニー」。しかし、予断を許さない状況です。現在の状況では、一晩持ち堪えられるかどうかわからないと言われていたのです。

幸い、点滴により翌日には少し回復していましたが、1週間もの長い間、頭が挟まったままぶら下がっていたのです。頭部が腫れ、顎がズレてしまっている状態のため、重体であることに変わりはありません。

しかし、保護されてから1週間、アーニーは強い生命力により持ち堪えることができ、約1週間ほどで体重が150g増えたと言います。また、顎を動かすことができるようになり、ごはんを食べられるようになったため、徐々に状態が安定していきます。

この時点では、まだ抗生物質を投与されている状態でしたが、もうすぐ一時預かりの里親さんのご自宅に向かうことが決定しています。素晴らしいニュースですね!

一時預かりの里親さん宅ですくすく成長!

健康的になったアーニー

出典:https://www.youtube.com/watch?v=7lJvzdmpxfI

その後、一時預かりの里親さん宅にて、大事に大事に育てられたアーニー。保護された当時からは想像できないほど問題なく成長し、今ではすっかり健康的に♪

しかも、健康に成長したアーニーは、とてもハンサムな男の子でした!これからの成長も楽しみですね。今後は永遠のお家となる里親さんを見つけることになると言います。

最後に

成長したアーニー

出典:https://www.youtube.com/watch?v=7lJvzdmpxfI

なぜあんな不思議な場所に挟まってしまったのかは謎ですが、あと少し発見が遅れていたら、命が危なかったと言います。本当に奇跡の生還とも言える体験をしたアーニー。また、アーニーを救うため、依頼してくれた住民男性やクラウディアさん、そして消防士の皆様や獣医さん、一時預かりの里親さんの素晴らしいケアや協力の結果でもあります。

素敵な人々に助けられたアーニー。ぜひ永遠の家族となる里親さんのご家庭でも、素敵な日々を過ごして成長していってほしいですね!

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
掲載YouTubeチャンネル:RSPCA NSW

RSPCA NSW

▼ 公式サイトはこちら
https://www.rspcansw.org.au/

▼ 【売上は全額支援金】オリジナルグッズも販売中!
https://rspcastore.com.au/

▼ 里親募集中の動物たちはこちら!
https://www.adoptapet.com.au/
https://www.rspcansw.org.au/adopt/

こんな記事も読まれています

同じ【オッドアイと口唇裂】をもつ猫と少年。運命の出会いから始まり強い絆を持つにいたるまで

【涙腺崩壊】猫の『アーサー』毒蛇から子供たちをかばい「英雄死」を遂げる

Comment