海に捨てられた下半身麻痺の犬は末期ガンでも生きることを諦めなかった

悲しい

ギリシャのクレタ島で保護活動を行う『Takis Shelter』の元に、海に浸かったまま動けない犬がいるという救助要請がありました。そこにいたのはガンに侵され、脊椎骨折で下半身が麻痺してしまった犬でした。

凍てつく海に捨てられていたのは余命わずかの犬

海の中に座る犬

出典:https://www.youtube.com/watch?v=ajKVq_R1t68

連絡を受け『Takis Shelter』創設者のタキスさんが現場に急行します。

そこには、凍てつく海に浸り座っている犬の姿がありました。移動することも体の向きを変えることもできないようでした。

顔の半分が腫瘍に覆われた犬

出典:https://www.youtube.com/watch?v=ajKVq_R1t68

タキスさんが近付くと、振り返ってこちらを見る犬の顔には、巨大な腫瘍が…。

吠える犬

出典:https://www.youtube.com/watch?v=ajKVq_R1t68

とても寒い日です。海の中にいれば体温は奪われ、このままでは命を落としてしまうことは明らか。

しかし、犬は激しく吠えて自分を守ろうと必死で、救助もままなりません。

何とか海の中から救い出し、タキスさんは犬の信頼を得るために、自宅に連れていくことにしました。

威嚇する犬

出典:https://www.youtube.com/watch?v=ajKVq_R1t68

タキスさんは犬と一晩中一緒に過ごします。

しかし、信頼していた飼い主に冷たい海に捨てられたことは犬の心に深く傷をつけ、簡単に心を開いてはくれません。

優しく声をかけながら触ろうとすると、激しく威嚇します。

撫でられる犬

出典:https://www.youtube.com/watch?v=ajKVq_R1t68

それでもタキスさんは諦めません。

「助けたい」という思いは徐々に犬にも伝わり、鎮痛剤と抗生物質を投与することができるまでに落ち着きました。

決断のとき

レントゲン写真

出典:https://www.youtube.com/watch?v=ajKVq_R1t68

病院で診察を受けると、脊椎の骨折により後ろ足に麻痺があることがわかりました。

更に、犬は末期ガンで余命わずかということも…。

犬と遊ぶ男性

出典:https://www.youtube.com/watch?v=ajKVq_R1t68

獣医師から安楽死を提示されます。

しかし、タキスさんは首を縦に振ることはしませんでした。

目の前にいる犬の目には力があり、生きることを諦めていないと感じることができました。

残された日々を安心して幸せに暮らせるようにしてあげたい、最期の瞬間まで愛されていることを感じてもらいたいと、タキスさんは犬にできる限りの愛情を注ぐことを決意します。

車椅子の犬

出典:https://www.youtube.com/watch?v=ajKVq_R1t68

犬は『ブラック』と名付けられ、タキスさんはブラックのためにオーダーメイドの車椅子を用意。

自由に動けるようになったブラックは、とても嬉しそう!

ボールと犬

出典:https://www.youtube.com/watch?v=ajKVq_R1t68

草原の散歩を楽しんだり、ボール遊びを楽しんだりと、ブラックの毎日はとても充実しています。

犬にひいてもらう車椅子の犬

出典:https://www.youtube.com/watch?v=ajKVq_R1t68

車椅子を上手に操り、ボールを取って来るブラック。

仲間の犬もリードを引いてブラックのお手伝いをしてくれます。

一度は人を信じることをやめ、心を閉ざしてしまったブラックがここまで変化を遂げたのは、ブラックの「生きたい」という気持ちと、タキスさんの「愛」に他なりません。

余命わずかであることを微塵も感じさせないブラック。

最期の時まで穏やかな日々をすごしてほしいですね。

ブラックの姿を実際に動画でご覧ください。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
掲載YouTubeチャンネル:Takis Shelter

こんな記事も読まれています

【感動】クマに襲われている愛犬を救うために命をかけてクマと闘った男性が話題

【感動】7年前に行方不明になった「猫」19歳のシニア猫となり飼い主と奇跡の再会!

Comment