虐待され続けた高齢犬は壁を見つめ続けていた…しかし優しい飼い主と出会い笑顔を取り戻す

悲しい

保護された12歳の高齢犬は壁を見つめたまま怯えていました。虐待されたため人間が怖いのです。幸いボランティア団体の尽力で新しい飼い主が見つかり、犬は余生を愛されケアを受けながら過ごすことになりました。

怯えて動かない犬のジャック

出典:https://www.relayhero.com/shelter-dog-hiding-face-2/

耳は垂れ、しっぽを足の間にはさんで目をそらす犬。これを見れば専門家でなくても、犬がすごく怯えていて、もしかしたらうつ状態にあるのだとわかりますね。

ジャックは12歳のジャーマン・シェパードとラブラドールの混血犬です。米国バージニア州にある「グロスター・マシューズ・ヒューメイン・ソサエティ」で保護されています。

出典:https://www.relayhero.com/shelter-dog-hiding-face-2/

施設に到着したそのときから、ジャックは小屋の片隅に顔を向けたまま、ずっと立ち尽くしているのです。

自分からは動こうとしないので、外に行くためにはだれかが抱えてあげなければいけません。この犬は長年飼い主からネグレクトと虐待を受け続けてきて、結局保護施設へ移されてきたのです。

ジャックは外に出ると少しだけ元気になります。丸1ヵ月間、ジャックは自分の殻に閉じこもって人間に目をあわせようとはしませんでした

フェイスブックで飼い主探し

出典:https://www.relayhero.com/shelter-dog-hiding-face-2/

「スージーの高齢犬たち」という団体がジャックのことを知り、何とか助けてあげようと努力を始めました。フェイスブックに「ジャックに残された寿命を、愛情たっぷりの家庭でみんなと仲良く過ごせるようにしたいのです」とメッセージを投稿しました。

この投稿が広まるとジャックはみんなに知られるようになりました。多くの人々がジャックを引き取りたいと申し込んできたのです。

出典:https://www.relayhero.com/shelter-dog-hiding-face-2/

こちらは幸運にも、ジャックの人間ママになった女性です。ほら見てください。ジャックは微笑んでいるでしょ。これまでには見られなかったことです

高齢の犬猫に引き取り手を探すのは、とても難しいのが現状です。ジャックは幸運でした。きっと新しいママさんはよく面倒を見てくれることでしょう。

高齢のペットを引き取ることを、みなさんもあえて考えてみてください。高齢ペットに関する情報や引き取った経験談も掲載されているページもあります。

体験談のページ(※英語のサイトです)「https://susiesseniordogs.com/

出典:https://www.relayhero.com/shelter-dog-hiding-face-2/

こんな記事も読まれています

ゴミ箱の中にいた泡だらけの「子猫」レスキューされ新しい家族と幸せに

生後間もない『5匹の子猫たち』を救助!一番小さな子猫は、足を失いながらも生き抜く力に感動!

Comment