『もう離さない』手のひらに収まる程小さい【子猫症】の子猫が掴んで離さないもの

感動

小猫症の小さな小さな猫は、大きな大きな愛を手に入れました。

保護された小猫症の猫『ウィンキー』

ある日、アイダホ州ボイシのSimply Catsで保護活動を行うヘザー・スペンサー(Heather Spencer)さんは子猫の保護について連絡を受けました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Winky(@winkythedwarfcat)がシェアした投稿

TNR(トラップ・ニューター・リターン)活動を行う友人から、19匹の子猫を保護したという説明を受けたヘザーさんは、すぐに援助を申し出たといいます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Winky(@winkythedwarfcat)がシェアした投稿


ヘザーさんが保護を請け負った『ウィンキー(Winky)』という名の子猫は生後2ヶ月頃だというのに手のひらに収まってしまうほど小さかったのです。

ウィンキーは遺伝子変異による『小猫症』でこの世に生をうけました。そのため、極端に短い足と大きな頭を持ちます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Winky(@winkythedwarfcat)がシェアした投稿

”彼女はほんの数オンスしかありませんでしたが、全く恥ずかしがり屋ではありませんでした。

彼女はとても小さいのに、信じられないほど勇敢で遊び心がありました。ウィンキーは私のシャツに寄り添ったり、肩にぶらぶらしていました。”

 

この投稿をInstagramで見る

 

Winky(@winkythedwarfcat)がシェアした投稿

ウィンキーとの出会いについてヘザーさんはそう語ります。

いくつかの呼吸器の問題や濡れた瞳、慢性便秘など様々な症状を抱えていましたが、獣医師の助力、そして忍耐と多くの愛によって日々改善されていきました。

子猫症ウィンキーの小さな体から溢れる生きる力

 

この投稿をInstagramで見る

 

Winky(@winkythedwarfcat)がシェアした投稿

ウィンキーは常に兄弟の体重よりも数ヶ月分遅れながら成長していました。しかし、彼女の遊び心と好奇心、そして生きることへのエネルギーがそれらを補います。

小さな体でありながら、おもちゃを見つければウィンキーはエネルギーボールへと変身して必死に追いかけます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Winky(@winkythedwarfcat)がシェアした投稿

そしてのんびりする時はヘザーさん、そしてヘザーさんの旦那さんの側で喉を鳴らすのです。ウィンキーはヘザーさん達に心を開き、その愛は深まっていくばかりでした。

人生の次の章への準備が整ったウィンキー

 

この投稿をInstagramで見る

 

Winky(@winkythedwarfcat)がシェアした投稿

それから彼女の体重が3ポンド(約1.3キロ)へ届くまで約3ヶ月を要しました。

しかし、ウィンキーにとっての大きな目標を達成したその時、ウィンキーが新しい人生の章へと踏み出せることを語っていました。

一時保護ではなく、永遠のお家へ採用される時がきたのです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Winky(@winkythedwarfcat)がシェアした投稿

”彼女は私のベッドに横たわり、ピンク色の毛羽立った枕をこねるのを楽しんでいます。”

そう語るのはヘザーさん。そう、ウィンキーはすでに彼女にとって完璧な暖かい永遠のお家を見つけていました。

”ウィンキーは正式に私達の家族です。彼女は私の心を盗みました。”

ウィンキーはもうどこへも行きません。ヘザーさん達の元で強く元気に暮らしています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Winky(@winkythedwarfcat)がシェアした投稿

こんな記事も読まれています

母猫は事故で他界!ツアーバスのフロントバッテリーの中に「子猫」が6匹!無事保護【感動】

子犬も子猫も『大切な命』ママ犬の愛情の深さに【感涙】する人続出!!

Comment