安楽死を待つ犬は涙を浮かべた悲しい顔でカメラを見上げた

感動

収容施設にいる犬たちは、安楽死処分されることも少なくありません。ある施設にいた犬は涙をうかべて悲しそうな表情をしています。この写真が投稿されると「犬をひきとりたい」という希望が多数寄せられました。

安楽死を待つ犬たち

多くの罪もない犬たちが、米国のあちらこちらで毎日安楽死させられています。毎年約390万匹の犬が施設へ収容され、うち120万匹は安楽死処分を受けているのです。施設へ収容されると、死が待っているといっても過言ではありません。

出典:https://www.thedodo.com/dog-photographed-tears-eyes-1279919575.html

この写真の悲しそうな犬をご覧ください。この犬には自分の運命がわかっているのです。

犬を撮影して「飼い主探し」

保護団体「ハイ・プレインズ・ヒューメイン・ソサエティ」(HPHS)は、こうした収容施設にいる犬たちを撮影して、新しい飼い主を見つけて施設から抜け出せるよう活動しています。

最近訪れた「ポルタレス市営動物シェルター」では、メス犬が檻の内側から哀願するような顔をこちらに向けているところを撮影しました。こちらの心も張り裂けそうな表情です。さっそくHPHSではフェイスブック上にこの犬の写真を掲載しました。

柵を手でつかみ、悲しみに打ちひしがれたような表情を浮かべて、目には涙をためているようです。この顔を見ただけで、犬の窮状がわかります。

悲しみの涙ではないけれど…

調べてみると、犬はふつう悲しみのために涙を流すことはないそうです。目から液体が出ているとしたら、それは体調が悪いことを示しています。犬が悲しいときには、通常は鼻をならすように鳴くのです。

たとえこの犬が悲しみのために涙を流しているのではないとしても、この表情は明らかに気持ちを語っています。「助けて、家を探して」と。

投稿を見た人々から多数の連絡が入り、その日の午後4時になって、この犬には新しい飼い主が決まりました。もう2度と悲しそうな顔をすることはないでしょう。自分の家がやっと見つかったのですから。

出典:https://www.thedodo.com/dog-photographed-tears-eyes-1279919575.html

こんな記事も読まれています

体が「普通の半分」のサイズで産まれてきた子猫。長くは生きられないと思われていたが懸命に成長する

大きなお腹の『ママ猫』は、まだ幼いストリートキャット!レスキューされ無事出産!

Comment