「残りの余生を穏やかに過ごしてほしい」従業員から保護を依頼された盲目の野良老犬

盲目の野良老犬 感動

『Hope For Paws』に「保健所の係員に連れて行かれる前に、うちの廃車置場にいる野良老犬を保護してほしい」との依頼が入りました。保健所に送られてしまうと高確率で殺処分になってしまう老犬を保護し、残りの余生を過ごすお家を探します。

野良老犬を保護してほしい…従業員から懇願依頼

盲目の老犬

出典:https://www.youtube.com/watch?v=vRGg8QqIZGM

ある日、保護団体『Hope For Paws』の元に「廃車置場にいる老犬の野良犬を保護してほしい」と、そこの従業員から保護依頼が入りました。

依頼してきた従業員の話によると、どうやら従業員はこの野良犬に水や食べ物を分け与えてお世話をしていたそうです。しかし、その方の従業員が保健所に連絡してしまい、係員が来る前に保護してほしいとの依頼でした。

どうやら野良老犬は目が見えていないようで、このまま保健所に連れて行かれると高確率で殺処分になってしまいます。そのため、保健所ではなく、愛護団体に引き取ってほしいと考えたのです。

大人しい「ダンカン」の保護はスピーディーに完了

リードをかけられる野良犬

出典;https://www.youtube.com/watch?v=vRGg8QqIZGM

リサさんとジョアンさんが保護活動を開始します。最初は食べ物を使おうとしたのですが、目が見えていないからでしょうか。「ダンカン」と名付けられた老犬は、全く興味を示しません。そのため、最初からリードをかけて保護してみようと決断します。

近寄りリードをかけても激しい抵抗などはせず、そのままリードが装着されました。もしかするとダンカンは、生涯ネグレクトなどの苦しみに耐えて生きてきたのではないかと推測します。

なかなか自分から軒下から出てこようとしないダンカンに優しく声をかけ、胴体を支えるようにして引きずり出します。そして出てきたダンカンを優しく抱き上げ、車に乗せることに成功しました。早い保護活動によって、保健所行きを避けることができたのです。これで一安心ですね。

車内でウトウトする保護犬

出典:https://www.youtube.com/watch?v=vRGg8QqIZGM

車に乗せられた後、疲れていたのか、そのままウトウトとし始めるダンカン。口内の状態を確認すると、ボロボロであることがわかりました。医療治療も必要なので、そのまま病院へと直行します。

シャンプーしてもらう保護犬

出典:https://www.youtube.com/watch?v=vRGg8QqIZGM

病院で診察や検査を受けると、なんと盲目、歯周病、角膜潰瘍、腫瘍、皮膚感染症、脱水といった多くの症状が確認されました。今後、長い期間をかけて少しずつ回復に向け、できる限りの治療していくとのことです。

その後、シャンプーをしてもらったダンカンはすっきりと綺麗な体を取り戻しました!シャンプーしてもらっている間の表情は、うっとりと気持ちよさそう♡

その後、スタッフの膝の上でウトウトとリラックスした表情を見せてくれるダンカン。もうすっかりスタッフたちはダンカンの虜です♪

その後

リラックスする老犬

出典:https://www.youtube.com/watch?v=vRGg8QqIZGM

ダンカンは一時預かりのご家庭で暮らし始めることになりました。保護された時よりも幾分か元気になったダンカン。とてもリラックスした様子で、素敵な家と家族に囲まれて暮らしていますよ♪

ダンカンは老犬なので、後どのくらい生きることができるかはわかりません。しかし、残りの余生は穏やかに、素敵な暮らしを送ってほしいですね。そのために、永遠のお家を今後も探し続けると動画で記載されています。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
掲載YouTubeチャンネル:Hope For Paws – Official Rescue Channel

Hope For Paws

▼▼ 公式サイトはこちら ▼▼
https://www.HopeForPaws.org

▼▼ Facebookページもあります ▼▼
https://www.facebook.com/HopeForPawsCalifornia

こんな記事も読まれています

狩猟シーズンが終わり『用済みとして捨てられた』500頭の猟犬と過ごした生活を撮影した写真家

2年間ネグレクトされ続け警戒心むき出しになった犬を心から救えるのか

盲目の野良老犬

Comment