死体のように横たわるオポッサムは【妊娠中】にも関わらず”エアガンで撃たれ”傷ついていた

感動

運転中に横たわるオポッサムを発見し、救護した女性。オポッサムはエアガンで撃たれ、しかも妊娠中でした。いまはケガの回復を待っているところです。元気になれば安全な地域に放つことになっています。

道路上にオポッサムが…

ジュディ・オブレゴンさんが義母の家に向かって運転中、道路上に死んだようなオポッサムが横たわっているのを見つけました。そして突然、そのオポッサムが頭をもたげたのです。

出典:https://www.boredpanda.com/pregnant-opossum-rescued-hugs-humans/

ジュディさんが近づいてみると、体にはエアガンで撃たれたような傷があり、しかも妊娠していることがわかりました。

「このまま放っておくわけにはいきませんでした」というジュディさん。オポッサムを箱に入れ、義母の家まで運びました。ここで野生動物にリハビリを行う活動家のタバサさんが来るのを待ったのです。

見過ごすことはできない

「オポッサムは決してわたしを噛もうとはしませんでした。助けようとしているのがわかったのでしょう。きっと生き残れます」

出典:https://www.boredpanda.com/pregnant-opossum-rescued-hugs-humans/

傷ついたオポッサムは怯えていましたが、やってきたタバサさんの夫にしっかりとしがみついていました。このオポッサムは「エンジェル」と名付けられました。

「ふだんは犬や猫を保護しているので、オポッサムを助けるのはめずらしいことです」とジュディさん。彼女は米国テキサス州フォートワースで活動する動物保護団体の創設者なのです。

https://www.boredpanda.com/blog/wp-content/uploads/2016/04/insta-1.gif

「普通ではない体験ですが、見過ごすことはできません。エンジェルはちゃんと心臓の鼓動をもつ生き物なのですから。この子の心臓はわたしが見つけたときも動いていました」

エンジェルが元気になれば、狩猟禁止区域になっている60エーカー(24ヘクタール)もある広大な敷地に放つことになります。

エアガンで撃たれたオポッサム

出典:https://www.boredpanda.com/pregnant-opossum-rescued-hugs-humans/

彼女はオポッサムを箱に入れ、野生動物にリハビリを行う活動家のタバサさんを待ちました。

妊娠中のオポッサムは怯えていましたが、タバサさんの夫にしっかりとしがみついていました。

https://www.boredpanda.com/blog/wp-content/uploads/2016/04/insta-1.gif

「きっとエアガンで撃たれたのでしょう」とタバサさんはいいます。

「オポッサムは決してわたしを噛もうとはしませんでした。助けようとしているのがわかったのでしょう。きっと生き残れます」

https://www.boredpanda.com/blog/wp-content/uploads/2016/04/insta-1.gif

オポッサムが元気になれば、狩猟禁止区域になっている60エーカーある広大な敷地に放つことになります。

ネット上で人々は今回の救護を喜んでいます

・助けてくれてありがとう

・あなたのような方が世界をよくするのですね。よいことをしてくれました!

・こういう人がいることを知るたびに、人間性を信頼したくなります

・ところでオポッサムは無事出産したのでしょうか?

出典:https://www.boredpanda.com/pregnant-opossum-rescued-hugs-humans/

こんな記事も読まれています

【危機一髪】熱中症で「命を落とす寸前」の『犬』を救った男性の行動が凄いと話題!!

そういえば猫がいないなぁ〜窓の外を見てみると愛猫が絶体絶命を迎えていた

Comment