空腹のあまり「家畜を襲おうとした犬の家族」を保護。変化していく表情に感動

感動

ギリシャのクレタ島で保護活動を行う『Takis Shelter』の元に、家畜のニワトリや羊を襲って食べようとした犬たちがいると保護依頼がありました。捨てられ、空腹に耐えかねての出来事ですが、そこまで追い込んだのは人間であることは言うまでもありません。

虐待され人を恐れていた犬たち

犬親子

出典:https://www.youtube.com/watch?v=DRXzWGdJarQ

保護依頼の連絡を受け、Takis Shelterの創設者でもあるタキスさんが現場に向かいます。

そこにいたのは、ラブラドールレトリバー系の犬一家。

やせ細った犬

出典:https://www.youtube.com/watch?v=DRXzWGdJarQ

ニワトリや羊を襲って食べようとしたとのことですが、狩りの経験もないのに、生き延びるために必死だったのでしょう。

痩せ細った体を見れば、まともに食事がとれていないのは一目瞭然です。

怯える犬たち

出典:https://www.youtube.com/watch?v=DRXzWGdJarQ

虐待されていたのは明らかで、人を極度に恐れ、食べ物を差し出されても後ずさりしてしまいます。

子犬の鼻には血がついており、確認しようとしても逃げてしまって子犬自身の血なのかわかりません。

後に、父犬が母犬と子犬にも襲い掛かっていたことが判明します。

ご飯を食べる犬たち

出典:https://www.youtube.com/watch?v=DRXzWGdJarQ

警戒していた母犬と子犬ですが、しばらくすると恐る恐る食べ物を口にしました。

恐る恐るの犬

出典:https://www.youtube.com/watch?v=DRXzWGdJarQ

犬一家に食べ物と水と愛情を与え、ゆっくり時間をかけて心を溶かしていくタキスさん。

手を差し出すと、恐る恐るですが顔をつけてきます。本当はずっとこうして人の温もりを感じたかったのかもしれません。

父犬は空腹や混乱から攻撃的になっていただけ。すべては犬一家を捨てた無責任な飼い主のせいでしょう。

笑顔の犬

出典:https://www.youtube.com/watch?v=DRXzWGdJarQ

タキスさんの元で、たくさんの愛を受けた犬たち。怯えて逃げ回っていた子犬も、不安そうな母犬も今ではタキスさんが大好きです。

この表情を見れば、よくわかりますね。

父犬には「ターザン」、母犬には「モリー」、子犬には「トードー」と名前が付けられました。

これからはたくさんの愛を受け、幸せに暮らしてほしいですね。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
掲載YouTubeチャンネル:Takis Shelter

こんな記事も読まれています

『野良猫』は親切な男性に保護され、車いすの少女と出会う!幸せの連鎖に【感動】

埋葬された後に”よみがえった猫”バートは『奇跡の猫』として世界中から愛される

Comment