大きな猫さま「ボブキャット」ロシアで暮らすヤシャ君は見た目はワイルドだけどやっぱりニャンコだった

ロシアのおうちで暮らすボブキャット かわいい
@bobcatyasha
スポンサーリンク

見た目は…トラ?大きな大きなネコ、インスタグラムで大人気のボブキャットのヤシャをご存知でしょうか?

Instagramで話題のボブキャット『ヤシャ』

ボブキャットとは、ネコ科オオヤマネコ属に属する中型獣。

ボブキャットは、現存するオオヤマネコのなかで最も体の小さい種類であり、カナダ南部からメキシコ北部に生息しているとされています。もちろん、イエネコとは別の存在なのですが、海外ではペットとして飼育されることも。

 

この投稿をInstagramで見る

 

BobcatYasha(@bobcatyasha)がシェアした投稿

モスクワで暮らすこちらのボブキャットの名前は『ヤシャ』。大きな体を持ちながらも、飼い主さんに甘える姿はイエネコそのものだと多くの人々に愛されています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

BobcatYasha(@bobcatyasha)がシェアした投稿

 

ボブキャットのヤシャはとってもキュート!でもやっぱりワイルド?

 

この投稿をInstagramで見る

 

BobcatYasha(@bobcatyasha)がシェアした投稿

抱っこをされて前足を突っ張るのも、鼻を甘く噛むのもイエネコあるある。

 

この投稿をInstagramで見る

 

BobcatYasha(@bobcatyasha)がシェアした投稿

かと思えば、野性味の溢れるワイルドな食事シーンを公開したり。

 

この投稿をInstagramで見る

 

BobcatYasha(@bobcatyasha)がシェアした投稿

でもやっぱり甘えん坊で無防備なところもあったり。

 

この投稿をInstagramで見る

 

BobcatYasha(@bobcatyasha)がシェアした投稿

ヤシャのその様々な表情が人々を魅了しフォロワー数は4万人超え、動画や写真を投稿すれば多くのコメントやいいね!が寄せられることとなっています。

ボブキャットは日本でも飼える?

結論から言えば、日本でもボブキャットを飼うことは可能です。

ただし、ボブキャットは『特定動物』に指定されているため定められた基準をクリアし、必要な申請を届け出る必要があるため注意が必要です。

ボブキャットをお迎えする方法についても基本的には海外からの輸入となり、その価格は100万円を優に超えるといわれています。

その上、ボブキャットははやりイエネコとは体の大きさも食事も、必要な運動量も異なるため十分な生活スペースはもちろん、食費や医療費なども決して安いものではありません。

お迎えに関しては慎重に考慮したいですね。

ロシアのおうちで暮らすボブキャット

Comment