「どこのジムに通ったの!?」ダイエットに大成功したワンちゃんと猫ちゃんたち

いやいやのポーズ なるほど

現在世界中で19億人以上の成人が太りすぎで、その内6億5000万人以上が肥満と言われていますが、それは何も人間に限った事ではありませんでした。肥満はペットにとっても深刻な問題であり、彼らは私達の助けを必要としています。

今日はチョンクと呼ばれているポチャリ系のワンちゃん、猫ちゃん達が不屈の精神で元の体型になった素晴らしい画像をご覧ください。

ダイエット大成功!

1.大きなハーネス

大きなハーネス

https://www.boredpanda.com/blog/wp-content/uploads/2021/10/2-615fe37e568c0__700.jpg

こんな大きなハーネスもあるんですね。いや失礼。それをつけているから余計にお顔がタブタブにみえますよ。

通常避妊手術を受けた後に太ると言われていますが、彼女の場合どうやら反対に痩せて、こんなに筋肉質になりました。若干お肌が荒れているように見えますが。気のせいでしょうか。次は毛並みのお手入れですね。

2.元チョンカーです

元チョンカー

https://www.boredpanda.com/blog/wp-content/uploads/2021/10/15-615fe62fb7c3c__700.jpg

写真中に私の600パウンドってあるんですが、それって272キロですよ。力士でも200キロ超えは珍しいのに。それ程体重があったの例えですね。驚いた。

見事に成功しました。見てください。このくびれ。端正な顔立ち。

3.いやいやのポーズ

いやいやのポーズ

https://www.boredpanda.com/blog/wp-content/uploads/2021/10/11-615fe5424aa9c__700.jpg

4か月前は何もしたくないって、ベッドに寝てばかりいましたが、なんと見違えるほどの姿になりました。

飼い主さんがちゃんと記録を付けていてくれたのですね。16キロの減量成功です。翌日の10歳のお誕生日に向けて頑張ったそうです。

中には人間の都合で体重が増えてしまった動物たちもいますが、反対にそのような動物を引き取って元の体型に戻す努力を一緒にしてくれる飼い主さん達もたくさんいます。

これはほんの一例ですが、、犬に2つのダイジェスティブビスケットを与えることは、チョコレートケーキを丸ごと食べることと同じで、猫にマグロの缶を与えることは、35個のチキンナゲットを食べるようなものだということをご存知でしたか?

ペットの健康を守るためにはまず食事からスタートですね。

4.1年間

1年間

https://www.boredpanda.com/blog/wp-content/uploads/2021/10/3-615fe3af42d49__700.jpg

名前はカイです。1年間で45キロ痩せました。そりゃー大変でした。でも飼い主さんと一緒だから頑張れたんです。

このパンデミック中に人間の食事をペットに与える人が増えたそうです。それが彼らに悪影響を与えることになると知らずに。犬や猫だけでなく、ペットのウサギにも体重の増加がみられました。

5.単位はグラム

単位はグラム

https://www.boredpanda.com/blog/wp-content/uploads/2021/10/4-615fe3cd78f0d__700.jpg

先ほどまでは体重の単位はキロでしたが、ここに登場したトカゲのアレクサンダーはグラム単位で痩せました。15グラム。お腹のあたりがスッキリしました。

トカゲが太るなんて知りませんでした。運動量の少ない彼らですから、食事量は特に重要です。

まだまだあります!

6.座る姿

座る姿

https://www.boredpanda.com/blog/wp-content/uploads/2021/10/615ea976138f4_6c388y7opzl51__700.jpg

多分この体勢が一番楽だったのでしょう。それが3キロ痩せて、更に体重減を続けているそうです。普通に座れるようになって良かったね。

君の体の事を考えるとこの体重を維持してゆくのがベストだと思うよ。

7.体重増加

体重増加

https://www.boredpanda.com/blog/wp-content/uploads/2021/10/615eabfad8e7f_rskbm79yv1e41__700.jpg

今までは体重が減ったワンちゃん猫ちゃんを見ていただきましたが、この猫ちゃんは反対に体重を増やしたのです。

何故?彼は歯が悪く、食べ物を満足に食べられなかったのでみるみる痩せていったのでした。なにぶん猫が話せないので、それがわかるまで少し時間がかかり、手術のおかげで、今では体重が元に戻りつつあります。

8.笑顔

笑顔顔

https://www.boredpanda.com/blog/wp-content/uploads/2021/10/1-615efa8d6c63d__700.jpg

彼は健康上の理由から倒れる寸前までなっていました。しかし今では笑顔を取り戻すまでに快復。

ペットがポチャリしている方が可愛いと勘違いをしている飼い主さんがいるようですが、それは一種の虐待になることに気づいて欲しいと思います。

9.枕

枕

https://www.boredpanda.com/blog/wp-content/uploads/2021/10/8-615fe4b9949bf__700.jpg

飼い主さんが彼女に出会ってから2か月でこの体型に戻りました。来た当時はまるで枕のようです。多分満足に歩くことも出来なかったのではないでしょうか。

ペット達にとって適正な食事量、運動量、ストレスの無い生活は彼らの健康を守るために必要条件ですが、それは私達人間にも言える事ではないでしょうか。

10.ダイエットメニュー

ダイエットメニュー

https://www.boredpanda.com/blog/wp-content/uploads/2021/10/615ead172fc4d_75wu87l828a41__700.jpg

このままでも十分可愛い猫ちゃんですが、飼い主さんはより彼女の健康を考え、減量の為の薬、ダイエットメニュー、新しい給餌スケジュールを始めました。

その結果が下の画像になります。今までの面影がすっかりなくなってまるで別猫のようですね。若返って子猫になったみたい。もう誰もぽっちゃりさんなんて呼ばないよ。

いかがでしたでしょうか?ぽっちゃりワンちゃん、猫ちゃん達の頑張った姿を見ていただきましたが、みんなすごいですね。見習わないと。

ペットを飼っている人に多く見られるのが自分のペットが太っていると認識している人が少ない事だそうです。そこを改善しないとペットの体重増加が減りません。その為にはペットの体重を頻繁に測り、もし体重が230グラム以上増えていたら、えさやおやつを少し減らす。その作業が不可欠です。

おやつをあげすぎるよりも、一緒に遊んであげる方がペット達は喜ぶそうです。

もっと画像を見たい方はこちら

出典:https://www.boredpanda.com/pets-losing-weight-before-after/

こんな記事も読まれています

まるで猿!?【窓を登る子猫】の運動能力がすごい

気温ー18度、道路脇で雪に凍えて動けなくなっていた『子猫』車を止め緊急レスキュー!

いやいやのポーズ

Comment