【22年間】毎日野良猫を援助する高齢男性に世界中から多額の寄付が集まる

感動

76歳のウィリーさんは毎日屑鉄を集めて販売し野良猫たちを世話する生活を、22年間続けています。これを知った女性がネットで寄付を募ると、世界中から約30万ドル(3千万円超)が寄せられました。

地域の野良猫を支えて

出典:https://www.wtvideo.com/video/30071/a-76-year-old-man-feeds-stray-kittens-in-his-neighborhood-by-selling-scrap-metal-all-day

米国に住む76歳の男性は、毎日屑鉄を集めて販売したお金で、近所の野良猫たちの世話を長年続けています。

苦境にあって困っている生き物を目にすると、すぐに何か行動して救ってあげたいと思うのがふつうの人間です。ウィリー・オーティスさんも同じです。

彼は米国コネチカット州ハートフォードに住む76歳ですが、地域の野良猫たちに必要な援助を行うため、毎日屑鉄を集めて販売し、資金をかせいでいるのです。その活動はもう22年間も続いているというから驚きです。

出典:https://www.wtvideo.com/video/30071/a-76-year-old-man-feeds-stray-kittens-in-his-neighborhood-by-selling-scrap-metal-all-day

水や餌のほか、必要な医療や治療を野良猫たちに与えるため、ウィリーさんは毎日屑鉄を集めて販売しています。医療には不幸な野良猫をこれ以上増やさないように行う、避妊・去勢手術も含まれます。

仕事から戻っても、家でのんびりなどしません。地域を回って野良猫たちに固形の餌とイワシを与え、空腹を満たしてあげるのです。

多くの人々から寄付が

出典:https://www.wtvideo.com/video/30071/a-76-year-old-man-feeds-stray-kittens-in-his-neighborhood-by-selling-scrap-metal-all-day

ある女性が彼の無私の活動に感銘して、ウェブサイト「ゴー・ファンド・ミー」で寄付を募りました。猫たちの餌代や医療費のためです。その結果、現在のところ世界中から29万5000ドルもの寄付金が集まっているそうです。

ウィリーさんはいいます。
「どうして毎日餌をやるのか、餌を与えすぎではないか、という声もあります。でも野良猫の生活は厳しいものです。たいていの猫たちは24時間に1度しか食事できない状況なのです」

出典:https://www.wtvideo.com/video/30071/a-76-year-old-man-feeds-stray-kittens-in-his-neighborhood-by-selling-scrap-metal-all-day

寄付金のおかげで、ウィリーさんは野良猫の餌代のために日中に屑鉄を集めて働いたり、自分の生活費を割いて充てたりする必要がなくなりました。でも彼の活動は衷心からくるもので、決してこれを負担に感じたことはないそうです。それでもウィリーさんは、寄付を寄せてくれた人々にとても感謝しています。

ウィリーさん、すばらしい活動をありがとう!

出典:https://www.wtvideo.com/video/30071/a-76-year-old-man-feeds-stray-kittens-in-his-neighborhood-by-selling-scrap-metal-all-day

こんな記事も読まれています

突如ビーチに現れたクジラを激写!大自然の美しさに圧倒される動画が話題に

「お前は役立たず」元飼い主から暴行を受けて足が動かなくなった犬。懸命なリハビリの結果…

Comment