「いつも一緒に」強い絆で結ばれた孤児の子猫と先輩猫は同じ家に引き取られていった

感動

捨てられた兄弟のうちで、1匹だけ生き残った赤ちゃん猫。里親家庭でお手本となる先輩猫に出会い、毎日一緒に過ごしながら強い絆を結びました。やがて2匹は、ともに同じ飼い主に引き取られることになったのです。

捨て猫が箱の中に

2021年の秋、米国アイダホ州レックスバーグにある「スーパーヒーロー・アニマル・レスキュー」は、「犬猫譲渡施設の入り口前に、子猫たちの入った箱が捨てられている」との連絡を受けました。

出典:https://www.lovemeow.com/kitten-box-sweetest-bond-cat-2656322427.html

「とても寒い日で、見つけた人たちはわたしたちが到着するまでそばについていて、室内に運ぶのを手伝ってくれました。」と同団体は投稿しています。

子猫たちはみな弱っていて、何か病気もありそうです。けんめいの治療を行いましたが、生き残ったのはたった1匹、灰色猫の「タッカー」だけでした。

出典:https://www.lovemeow.com/kitten-box-sweetest-bond-cat-2656322427.html

「タッカーはきょうだい猫より大きく鳴き声も大きいので、この子が鳴くことで通行人が気づいてくれたのでしょう」というのは、里親ボランティアをつとめるシンディ・コングドンさんです。そうです。この子猫は、体は小さくとも大きな声と生存への強い意志があったのです。

けんめいな治療を経て元気に

出典:https://www.lovemeow.com/kitten-box-sweetest-bond-cat-2656322427.html

善玉菌や栄養を強化した子猫ミルクを与えたり、皮下点滴療法を行ったりなど、たいへんな看護や治療をへて、タッカーは危機を脱して元気になってきました。そこで、タッカーには猫の「お作法」を教えてくれる遊び仲間が必要になったのです。

「複数で育った猫は、人間のよいペットになれます。社会的な作法や技術、やってはいけないことをほかの猫から学べるからです」

ちょうどそのころ、茶トラ猫のローワンにも仲間猫が必要でした。この猫は飼い主が見つからず里親家庭で長く過ごしていました。タッカーの病気が治るとすぐ、2匹は「ご対面」を果たしたのです。

ローワンはタッカーより1ヵ月ほど年上です。タッカーはまだ遊び方を知らないので、シンディさんは飼い猫のリジ―とローワンをまず遊ばせ、ローワンのエネルギーを少し消耗させたあとでタッカーと会わせることにしました。

2匹が結んだ友情の絆

出典:https://www.lovemeow.com/kitten-box-sweetest-bond-cat-2656322427.html

「タッカーが見ている前で、ローワンはおもちゃで遊びやり方を示しました。そのあとローワンは自分が引っ込んで、タッカーにおもちゃを使わせたのです」とシンディさん。

タッカーの体力がローワンと同等になると、2匹は子猫部屋で一緒に眠るようになりました。お互いに強い友情の絆を結んだのです。

「毎朝わたしがのぞきに行くと、寝床に一緒に丸くなっています。仲良く餌も分け合い、お互いの体を舐めあっています。すっかり仲良くなりました」

ローワンはタッカーに毛づくろいの上手なやり方を教えました。タッカーはローワンの顔や耳を舐めてお返ししています。血はつながっていなくても、2匹はおもちゃも人間の膝も、何でも一緒に分け合っています。

一緒に新しい飼い主のもとへ

出典:https://www.lovemeow.com/kitten-box-sweetest-bond-cat-2656322427.html

シンディさんの望みは、2匹に完璧な家庭を見つけてあげることです。

「まだ小さいタッカーが昼寝をしている間、ローワンにはリジ―に代わる遊び相手が必要です。理想をいえば、以前に高齢猫を育てた経験のある人がこの2匹を同時に飼ってくれるといいですね。猫にやさしい犬が同居していればもっといい。だって2匹とも犬には興味津々なのですから。それからほかにも遊び好きな若い猫がいれば、最高です。ちょっと欲張りすぎかな。多少の妥協は仕方ないですが」とシンディさん。

ところがそんな家庭があったのです。シンディさんは、最初は信じられませんでした。新しい飼い主は長距離を運転してやってきて、2匹とも引き取っていきました

「ときにすべてがうまくいくことがあるのですね。今回がそうでした」とシンディさんは話してくれました。

もっと画像や動画を見たい方はこちら

出典:https://www.lovemeow.com/kitten-box-sweetest-bond-cat-2656322427.html

こんな記事も読まれています

”体中がタールまみれ”で瀕死の状態だった子猫クーパー。回復して新しい飼い主の元へ

人々の支援の輪…障がいを持つ子猫『ピノキオ』に手術を受けさせるため優しい人々から多くの募金が集まる

Comment