奇形も個性!遺伝子に異常があっても愛くるしい猫さんが話題に

染色体異常の猫 感動

人間でも猫さんでも、生まれたときに遺伝子に何かが足りなかったり多すぎたり、異常があると体の変化として現れることがあります。でも…ほかの猫と見た目が違ってもそれは個性。愛らしい猫のガーフィールドをご紹介します。

ほかの猫と違う…でもすべてが個性!

人間では染色体の異常によってダウン症を発症しますが、猫さんではダウン症は存在しないと言われています。しかし、遺伝子の異常によって目の色が薄くなったり、顔の形がちょっと違ったりと様々な変化が見られることがあります。

この猫『ガーフィールド』さんも…。

染色体異常の猫

出典:https://www.reddit.com/r/aww/comments/s02dlt/i_had_a_cat_with_down_syndrome_as_a_kid_named/

鼻がちょっぴり上についているガーフィールドさん。

ストーブに立ち往生したり、家の中に入りたくて何時間も窓の外で待つなんてこともあったそうです。

ほかの猫と比べるとちょっと違うガーフィールドさんですが、それも個性。愛らしいことには変わりはありませんね。

見た目や行動は問題ではないということを改めて教えてくれた猫さんをご紹介しました。

こんな記事も読まれています

紫色に染められ虐待の傷を負った子猫『スマーフ』試練を乗り越え、救われ変身した姿に感動!

「産まれたわ!」卵の誕生に喜びのコミュニケーションをとるコウノトリ夫婦

染色体異常の猫

Comment