保護された動物たちの感動のエピソード10選!2回目の人生を楽しんでね

感動

アメリカでは現在ペットショップでの犬、猫の販売を禁止する州が増えつつありますが、依然として、毎年約630万頭のペット達が動物保護施設に保護されています。(そのうち、約310万匹が犬、320万匹が猫です。)数字だけ見ると大変な数だと思われますがこれでも年々減って来ているのです。

その様な施設からペットを迎い入れる飼い主さんが増えているからです。彼らに人生2回目のチャンスを与えてくれた人達に感謝の気持ちを届けつつ、その中から感動の話をお届けいたします。

感動の話10選

1.再会

再会

https://www.boredpanda.com/blog/wp-content/uploads/2022/01/61f3cfac0906a_rlgg2tubit881__700.jpg

ワンちゃんの飼い主さんが長期の入院をする為に愛犬を手放すことになったのです。ところが、それを知った看護婦さんがその施設からワンちゃんを引き取り、毎日彼に合わせてくれるのです。

何と素晴らしい彼女でしょう。病院の詳細等細かくは判りませんが、その行動だけでも評価に値すると思いませんか?これで彼の治療にもプラス効果間違いなし。

2.1人じゃないよ

1人じゃないよ

https://www.boredpanda.com/blog/wp-content/uploads/2022/01/adopted-rescued-pets-january-1-61f3d06a76e52__700.jpg

この男性は動物保護施設から16才の犬を引き取りました。何故、そんな老犬をと思いますが、何とその訳を聞いて、この男性の優しさに感動しました。

このわんちゃんが虹の橋を渡る時が来ても1人じゃないよ。そばに僕がいるよ。って言ってあげる為に。それがいつかなんて誰にも判らないのに。

3.愛が始まる日

愛が始まる日

https://www.boredpanda.com/blog/wp-content/uploads/2022/01/61f3e4bd0b507_tj5u2gtx4lc81__700.jpg

新しい家に来たその日からお互いに抱き合って寝るねこちゃん達。お互いの体温を感じて安心するんだね。

きっと今まで寂しい思いをしていたんだろうなあ。でもこれからは大丈夫だよ。何よりも君たちの事を心配してくれる飼い主さんがいるんだから。

4.冷たい心

冷たい心

https://www.boredpanda.com/blog/wp-content/uploads/2022/01/adopted-rescued-pets-january-2-61f5a26811aa0__700.jpg

このわんちゃんは、岩を付けられ凍った川に捨てられたのです。幸いにも助けられ、素晴らしい家族に巡り合えることが出来ましたが、私達と同じ空気の中にこのような冷たい心を持った人がいると言う事実はとても悲しい事です。

イギリスでは、病気等でペットの飼育が困難になった場合代わりに世話をしてくれる団体があるそうです。そのように、やむを得ない事情により手放さなければならなくなったとしても何かしらの方法はあるはずです。

動物たちは飼い主さんが大好き

5.やすらぎ

やすらぎ

https://www.boredpanda.com/blog/wp-content/uploads/2022/01/61f3e64856e4d_DykCbzF-png__700.jpg

助けた小鳥と信頼関係が築けた瞬間の画像です。

鳥たちも他のペットと同じように様々な仕草で気持ちを表してくれますが、危険を感じたらすぐ逃げられる体勢で寝る事が多いのです。それが手の中で寝てくれるのは余程安心している状態なのですね。

6.2つの命

2つの命

https://www.boredpanda.com/blog/wp-content/uploads/2022/01/61f3d3399b48c_67u6lsyc9i981__700.jpg

野良犬を保護した飼い主さん。念の為、獣医さんに行き健康診断受けさせて問題なしのお墨付きをもらいました。ところが、後日何と赤ちゃんを産んだのです。診察では赤ちゃんはいないと言われたのに。

でも野良犬を保護してくれる心の優しい人だから、勿論赤ちゃんもお世話してくれるはず。お母さんもきっとその優しさが判ったので安心して産んだのでしょう。それまで隠していたって事?

7.犬の看護師さん

犬の看護師さん

https://www.boredpanda.com/blog/wp-content/uploads/2022/01/61f3e57b0df57_47kky2h36v881__700.jpg

ご主人が熱を出した時、愛犬は片時もそばを離れずに、頭を寄せていたそうです。体調の悪いご主人を心配する気持ちが何ともけなげですね。助けてもらった恩を忘れない気持ち。

犬はその並外れた嗅覚によって人間の異常や体調不良に気づくと言われています。長年信頼関係を築いている彼らだからこそ、人間の気持ちも判るのかもしれませんね。

8.くもの糸

クモの糸

https://www.boredpanda.com/blog/wp-content/uploads/2022/01/61f3d625e8b5e_4a02eifhh8e81__700.jpg

彼女の家のゴミ箱に捨てられていた犬。何とひどい状況でしょう。でも安心してください。その彼女に保護され、獣医さんにも連れて行ってもらい、家族にまでしてもらえました。

動物達は飼い主さんを選ぶことが出来ません。彼女は見事にセカンドチャンスをつかんだのです。この時は不安そうな顔をしていますが、きっと今はもっと幸せな顔をしているはずです。

9.がまんくらべ

がまんくらべ

https://www.boredpanda.com/blog/wp-content/uploads/2022/01/adopted-rescued-pets-january-4-61f3d2cd711d5__700.jpg

1年もの長い間餌をあげ続けた人とそれをもらい続けた猫の根気比べ。遂に猫が降参して飼い主として認めてくれました。

猫も犬同様人間の体調不良が判るそうですが、それに加えて仲間同士で助け合う事もあります。そんな猫が用心深く1年もかけて見極めたのは、信頼に充分足りる人だったのでしょう。

10.劇的変化

劇的変化

https://www.boredpanda.com/blog/wp-content/uploads/2022/01/adopted-rescued-pets-january-6-61f3e456efe19__700.jpg

見るからに無残な姿をしていた子猫は体重わずか320グラムでした。極度の貧血も起こしていたのですが、3週間後には見違えるほどになりました。

野良猫の多くはこのような状態で保護されることがあり、それを取り除くのも大変手間のかかる作業ですが、猫の命には代えられません。

今回ご紹介したのは、幸運にも暖かい人達に巡り合えた動物ですが、それはほんの一部で、感動的な出来事はまだたくさんあります。しかし、本来ならそのような出来事が無いに越したことはありません。

もっと写真を見たい方はこちら

こんな記事も読まれています

珍しい疾患を持った子猫『18歳のおじいちゃん猫』 に育てられ絆は永遠の家族へ【感動】

”前足を失った”けど元気いっぱいに走り回る犬に世界が感動

Comment