飼い主に置き去りにされてしまった『2本足のおばあちゃん猫』を保護成功

感動

大阪で保護猫シェルターを営んでいるhibinecoさんの元に「小さな公園に1匹の猫が現れるようになった」と連絡が入りました。どうやらしばらくの間、公園で見かけられていたようで、心配で様子を見ていた方から保護してほしいとの依頼が入ったのです。

元飼い猫?人懐っこい2本足の猫「サエちゃん」

夜間に保護

出典:https://www.youtube.com/watch?v=yrZ07L69u0k

少し前から近くの小さな公園で見かけるようになったという小さな猫。心配していた方から連絡が入り、9月末の深夜に様子を見に行ってみると、確かにいました。足は前足2本しかなく、ヒョコヒョコと歩いていたと言います。

サエちゃんという名前は、連絡をくれた方がつけてくれた名前だそうです。このサエちゃん、驚くことに人馴れしているため、人間を怖がる様子はありません。もしかすると、元は飼い猫だったのかも…と思ったというhibinecoさん。

早速クレートに入ってもらおうとするものの、クレートに入るのは嫌がります。無理に入れてしまうと恐怖心を煽ってしまうため、捕獲器に誘導し、自然と入ったところでそっと扉を閉めて保護したそうです。せっかく人馴れしているので、怖がらせたくないですね。

健康状態はあまり良くない

休むサエちゃん

出典:https://www.youtube.com/watch?v=yrZ07L69u0k

体が小さいので子猫かと思われたサエちゃんですが、口の中を見たところ、上の犬歯2本しか歯がないことが発覚。残っている2本の犬歯も傷んでおり、口内炎や舌炎が見られたと言います。

そこで、保護した翌日に動物病院で健診をしてもらったところ、耳ダニにより掻きむしった結果、耳血腫が破裂してしまい耳が潰れていること、猫エイズが陽性だったこと、そして足が2本無くなっている理由は原因不明とのことでした。

また、あまりにも人馴れしているため、近所で聞き込みをしたところ、サエちゃんは元飼い猫だったという話を聞くことができたそうです。どうやら元飼い主が引越しの際に置き去りにしてしまったそうで、半年間も1匹で過ごしていたようです。

ずっと飼い猫として暮らしてきた高齢猫が、ある日突然、飼い主に置き去りにされて1匹で上手に暮らしていけるはずがありません。なんて酷いことをするのでしょうか。

サエちゃん

出典:https://www.youtube.com/watch?v=yrZ07L69u0k

hibinecoさんに連絡をくれ、サエちゃんと名付けてくれた方は、約ひと月ほどサエちゃんを見守っていたそうです。一度、家に連れ帰ろうかとも考えたそうですが、自身が持病を持っていたために、連れ帰ることが叶わなかったと言います。

しかし、それでもサエちゃんを見放さず、hibinecoさんに連絡をくれたそうで、素敵な人に出会えてサエちゃんは幸運だったと言えます。

まとめ

甘え上手なサエちゃん

出典:https://www.youtube.com/watch?v=yrZ07L69u0k

元は飼い猫だったサエちゃん。なぜ置き去りにされてしまったのかは不明ですが、今まで飼い猫として暮らしてきた猫が、突然1匹で、しかも高齢で暮らしていけるはずがありません。どんな理由があるにせよ、何も適切な対応をせず置き去りにする行為は許されません。

今回、サエちゃんは素敵な方に出会い、連絡によってhibinecoさんの元で保護してもらうことができましたが、もしかすると、そのまま病気や怪我、飢えによって亡くなっていた可能性もあります。一度お迎えした飼い猫は、最期まで責任を持ってお世話をしてあげてください。

・サエちゃん保護時の様子

・サエちゃんの近況

※こちらの記事は情報掲載者より許可を得て掲載しております。
掲載者名:hibineco/保護猫シェルター

hibineco/保護猫シェルター

▼▼ 公式Instagramはこちら ▼▼
https://www.instagram.com/hibineco/

▼▼ 公式Twitterはこちら ▼▼
https://twitter.com/hibineco11

▼▼ 公式ブログはこちら ▼▼
https://hibineco.hatenablog.com/

こんな記事も読まれています

【涙腺崩壊】飼い主に置き去りにされた妊娠中の子猫『心優しい人々に救い出され』出産、育児に励む姿に感動

”道端で拾われた瀕死の猫”は「ドリズィー」と名付けられ家族をメロメロに♡

Comment